ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

めだかの学校

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月15日更新
団体名称 めだかの学校
フリガナ メダカノガッコウ
主な活動分野 環境保全 団体会員数 38人
設立年月 1999年04月 まちサポ登録年月 2014年09月
登録番号 35
目的 福山の母なる川芦田川の自然とふれ合い、いろいろな生き物の調査観察等の体験活動により芦田川への興味や関心を高めると共に、環境や生命の大切さに気づきそれらを守っていくための方策を考え知らせることを目的として活動している。
活動内容 芦田川周辺の自然観察、水生昆虫、魚、鳥等の定点観測調査を継続している。
調査を通じ、気象や環境の変化が生き物に与える影響を実感し、生態系や生息環境を守るために私達の暮らしのあり方を提案している。
主な活動地域 市内+周辺地域 活動時期 不定期
活動曜日 入会条件 小・中学生 高校生 保護者 一般成人
会費 入会金 - 年会費 1,000円 その他 - 
代表者名 岡田 久恵
フリガナ オカダ ヒサエ
団体所在地 広島県福山市横尾町2-23-6
電話/Fax 電話:084-955-3717 Fax:084-955-3717
メールアドレス smile0207@outlook.jp
団体のHP
メッセージ

めだかの学校は、芦田川の自然と触れ合いながら、いろいろな生き物の調査活動を19年間続けてきました。
2017年度の水生生物調査では、府中新橋下で2年ぶりにアミメカゲロウを見つけることができました。中津原では、「きれいな水」の生き物が4種類見つかりましたが、今年初めてアメリカツノウズムシを確認したので、今後注意が必要です。魚調べでは、アカザとズナガニゴイを捕まえることができ、芦田川の豊かさを再認識しました。
バードウォッチングでは、鳥のきれいな目や羽などを望遠鏡でじっくりと観察できました。

今年も継続して調査を続けます。
めだかの学校