ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

労働者の問題を考える会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月17日更新
団体名称 労働者の問題を考える会
フリガナ ロウドウシャノモンダイヲカンガエルカイ
主な活動分野 社会教育 団体会員数 5人
設立年月 2016年06月 まちサポ登録年月 2016年06月
登録番号 144
目的 労働者の問題を考える会は、労働者・勤労者に関係する様々な問題が想起している背景・原因を探求し、それらの解決の方向を見出します。
活動内容 「福山働くもののセミナー」の開催を主たる活動とします。
労働者・勤労者に関係する様々な問題をテーマに取り上げて、労働者の立場からどのように考えていけば良いのかを語りあいます。
また、「福山はたらくもののセミナー」を広く周知するために、マスコミの利用や案内チラシの作成などを行います。
主な活動地域 市内・中央 活動時期 不定期 複数カ月
活動曜日 入会条件 なし
会費 入会金:-  年会費:- 月会費:- その他:- 備考:-
代表者名 伊藤 惠子
フリガナ イトウ ケイコ
団体所在地 -
電話/Fax 電話:0865-68-2202  Fax:0865-68-2202
メールアドレス white47k@mx1.kcv.ne.jp
団体のHP -
メッセージ 「福山働くもののセミナー」では、労働者・勤労者に関係する様々な問題をテーマに取り上げて、労働者の立場からどのように考えていけば良いのかを語りあいます。
差別賃金や過酷な労働環境はもとより、女性労働者と子どもの貧困問題、膨れ上がる国の借金財政--そのつけは労働者にまわってくるしかないのです--
また、戦前の軍国主義回帰ではないかと危惧せざるをえないような、政治的、思想的潮流や歴史教科書記述の修正問題など、これらは決して労働者・勤労者が看過できる問題ではありません。
これら、ひとつひとつの問題を丁寧に話し合うことで、解決の方向を見つけられたらと思います。労働者や若者にとっても、将来への希望がまったく見出せない状況から、一筋の光がさすような状況にできればと考えています。
共に考え、語り合いましょう!