ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2019年5月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月26日更新
今月のイチオシ

5月12日は「看護の日」です!

5月12日は,近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日です。
高齢社会を支えていくためには,看護の心,ケアの心,助け合いの心を育むことが大切と考え,1990年に,旧厚生省において制定されたものです。今回は,看護職員の状況やその魅力などを紹介します。

看護の日のロゴ



●看護職員の仕事は

 
看護師,准看護師,助産師,保健師を総称して看護職と言います。医療・介護の専門的な知識を生かして,患者さんの心と体をサポートするなど,より良い療養環境を築いていく大切な仕事であるとともに,患者さんの回復をお手伝いし,家族をケアするなど,社会で必要とされる重要な仕事です。


●看護職の需要は

 
2025年には,団塊の世代が75歳以上となり,人口の3割が高齢者となるなど,さらなる高齢化の進行が予想されています。そういった中,看護職員の仕事は,医療や介護の分野など多様化してきており,看護職員の活躍する場は,ますます増えてくることが予想されます。


●現役看護職員の声(福山市民病院 小川紗季さん)

 看護師に必要なのは,体力と忍耐力と精神力。そして,一番大切なのは,患者さんの気持ちをくみ取る力です。私は,今,集中治療室の看護を担当しています。中には人工呼吸器を外せない方もおられますが,体を動かすことができない方のうなずきなど,小さなしぐさを読み取り,コミュニケーションをとることができるとやりがいを感じます。日頃の看護を行う中で,コミュニケーションも密になり,病状が回復に向かうのを,まじかで見られるのも,看護職の大きなやりがいです。これからも看護師をめざした時のハートを忘れずに,頑張っていきたいと思います。

職員



●看護職員の資格を得るにはどうすればいいの?

 
看護職員になるためには,養成施設で学ぶ必要があり,そののち,国家試験(准看護師の場合は都道府県知事試験)に合格した後に,本人の申請により各資格に登録され,免許が与えられます。


●備後圏域連携協議会では,看護職員をめざす学生を対象に,看護職の魅力や,看護職員養成施設など,看護職員をめざす人を対象とした,HP「びんご看護ネット」を掲載しています。

https://www.bingolife.jp/kango/index.html 

びんご看護ネット 検索

 QRコード

 

 

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

福山市保健所総務課
Tel:084-928-1164