ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2019年9月号 > 家計にやさしいジェネリック医薬品を使ってみませんか?
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2019年9月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月1日更新
今月のイチオシ

家計にやさしいジェネリック医薬品を使ってみませんか?

ジェネリック医薬品イメージ

ご存知ですか? ジェネリック医薬品のメリット

ヤクザイくんジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される、品質・効き目・安全性が同等の後発の医薬品のことです。ぜひご検討ください。

薬代を節約できます。

薬によっては、自己負担額が3~5 割も安くなることがあります。

(参考)日本ジェネリック製薬協会ホームページ 「かんたん差額計算」

効き目は先発医薬品と同等です。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ有効成分を同じ量使用しています。

安全性も先発医薬品と同等です。

たくさんの厳しい試験をクリアし、法律や国の基準に沿って製造・管理されています。

すでに、多くの方が利用しています。

世界的にジェネリック医薬品への切り替えが進んでいます。広島県内でも75%以上切り替えが進んでいます。

(参考)厚生労働省ホームページ 「保険者別の後発医薬品の使用割合」

※ 処方されたお薬の一部のみジェネリック医薬品に変更することや、お試し期間を設けて利用することも可能です。

形状や味を工夫して飲みやすくしたものもあります。

錠剤の大きさを小さくし、飲みやすく改良したもの、錠剤を飲みやすいゼリー状・液体状に改良したもの、苦み等を抑えた味に改良したものなどがあります。
※ 子供(乳幼児)にも飲みやすいよう工夫がされているケースもあります。

ジェネリック医薬品を処方してもらうにはどうすればいいの?

ヤクザイくんジェネリック医薬品を使ってみようと思ったら、病院や診療所などの医療機関を受診したときに医師に相談するか、薬局で薬剤師に相談してみましょう。
医師による処方せんに記載されているのが先発医薬品の名称であっても、処方せんに変更不可のチェック等がなければ、薬剤師と相談して、患者さん自身がジェネリック医薬品を選ぶことができます。また、処方せんに医薬品の商品名ではなく成分名が記載されている場合(一般名処方といいます)も同じようにジェネリック医薬品を選ぶことができます。
ただし、すべての先発医薬品に対してジェネリック医薬品が製造・販売されているわけではないため、ジェネリック医薬品への変更を希望しても、変更できない場合があります。

ジェネリック医薬品についてのよくある質問は広島県のホームページをご覧ください。

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

保険年金課給付担当
Tel:084-928-1054