ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2020年7月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:191599印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新
今月のイチオシ

福山市の情報発信

 本市では、これまでの情報発信の在り方を見直すため、2017年度に情報発信戦略会議を立ち上げました。外部の専門家にこれからの情報発信に関する意見をもらいながら、2018年2月に「情報発信戦略基本方針」を策定し、重点広報テーマとして「鞆の浦」「ものづくり(デニム)」「子育て」を設定しました。重点広報テーマを中心としたこれまでの情報発信の取り組みを紹介します。

鞆の浦 首都圏の認知度が2.3%アップ

 日本遺産への認定などにより観光地としての魅力が増加。情報発信への意識が高い首都圏の20~34歳の女性に向けた企画を実施し、口コミやSNSなどを通じて観光客誘致につなげています。

こんなことをしました

○若い女性に人気がある動画配信アプリ「C CHANNEL」で動画を作成(25 万回以上再生)
○日本遺産動画の作成(日本国際観光映像祭で1,015点応募があった国際部門で9つ選ばれる1部門でベストフィルムを受賞)
○女性向けファッション誌「Oggi」やTBSテレビ「情熱大陸」で紹介

鞆の浦

ものづくり(デニム) 首都圏の認知度が7.9%アップ

 本市はものづくりが強いまちで、さまざまな分野のオンリーワン・ナンバーワンがあります。特に全国の7割以上の生産量を誇る「日本一のデニム産地」であることを生かし、首都圏のビジネスマンを中心に効果的に発信してデニム産業の販路拡大につなげています。

こんなことをしました

○世界最高峰の展示会「ミラノウニカ」や販売会「テノハミラノ」に出展
○備中備後地域のデニムを活用した商品の開発・販売
○週刊ビジネス誌で読者数No.1の「日経ビジネス」やテレビ東京「カンブリア宮殿」で紹介

デニム

子育て 市内の認知度が14.4%アップ

 これまでは高い合計特殊出生率などがあまり知られていませんでした。福山ネウボラを中心とした「子育てしやすいまち」を広報紙やSNS などで積極的に発信しています。

こんなことをしました

○子育て支援サイトリニューアル
○広島ホームテレビ「みみよりライブ5up!」で特集
○子育て情報誌「びんまる」を発行する中国宣伝企画株式会社と連携協定締結

皆さんと一緒に福山市を発信しています

走る広告塔

 広島東洋カープとコラボレーションした地方版図柄入りナンバープレートは、1,000台当たりの取得率が全国1位です。
 これからも走る広告塔として「福山市」を発信していきましょう!

カープナンバー

年賀はがきを活用した発信

 日本遺産に認定された「鞆の浦」をPRすることを目的に、広告付年賀はがきを活用。5万枚が完売し、市内外に「鞆の浦」の魅力を発信しました。

広告付年賀葉書デザイン

福山アンバサダー 全国で自治体初の取り組み

福山市のことが大好きで情報発信意欲がある人を福山アンバサダーに認定。風景やグルメなどの写真に「# 福山アンバサダー」を付けてSNSに投稿し、魅力を発信・拡散しています。
※詳しくはこちらから

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

情報発信課
Tel084-928-1290