ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2020年11月号 > 2019年度決算見込み・2020年度上半期 市の財政状況
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2020年11月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:204169印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月1日更新
今月のイチオシ

2019年度決算見込み・2020年度上半期 市の財政状況

 市では、毎年2回財政状況を公表しています。

 今回は、2019年度決算見込み、2020年度上半期の財政状況についてお知らせします。

【2019年度決算見込み】

 2019年度は、歳入の基幹となる市税が前年度を約17.3億円上回りましたが、社会保障関係費が増加する厳しい状況でした。このような中、抜本的な浸水対策のほか、子どもの医療費助成制度の拡充や小中学校の空調設備整備、総合体育館(エフピコアリーナふくやま)の整備など、未来づくりの取組と持続可能な財政運営との両立に努めました。

一般会計歳入決算見込み
2019年度 2018年度 増減率
市税 753億6,800万円 736億4,000万円 2.3%
国庫支出金 324億  900万円 291億  700万円 11.3%
市債 221億5,200万円 146億1,100万円 51.6%
地方交付税 162億1,000万円 159億1,100万円 1.9%
県支出金 128億4,700万円 118億5,000万円 8.4%
地方消費税交付金 83億2,700万円 86億6,200万円 △3.9%
繰越金 73億8,600万円 55億6,700万円 32.7%
使用料及び手数料 49億  900万円 58億2,100万円 △15.7%
その他 78億  300万円 81億6,200万円 △4.4%
合  計 1,874億1,100万円 1,733億3,100万円 8.1%

○歳入増減の主な要因

市債:総合体育館整備事業債の増などから、前年度比51.6%増

繰越金:小中学校空調設備整備事業の増などから、前年度比32.7%増

使用料及び手数料:保育所等保育料の減などから、前年度比15.7%減

 

一般会計歳出決算見込み
2019年度 2018年度 増減率
民生費 757億1,900万円 724億2,100万円 4.6%
教育費 340億7,400万円 215億6,200万円 58.0%
公債費 162億3,100万円       161億  800億円 0.8%
土木費 151億7,200万円 146億4,700万円 3.6%
総務費 132億7,600万円 128億4,700万円 3.3%
衛生費 131億6,900万円 134億5,100万円 △2.1%
消防費  57億  800万円 57億4,200万円 △0.6%
商工費  24億4,500万円 29億4,200万円 △16.9%
その他  61億8,000万円 62億2,500万円 △0.7%
合  計 1,819億7,400万円 1,659億4,500万円 9.7%

○歳出増減の主な要因

 

教育費:小中学校空調設備整備事業費の増などから、前年度比58.0%増

 

民生費:認定こども園給付費の増などから、前年度比4.6%増

 

商工費:企業立地奨励金の減などから、前年度比16.9%減

 

特別会計決算見込み

区分 収入額 支出額 収支差引額
都市開発事業 8億5,500万円 7億3,500万円 1億2,000万円
集落排水事業 3億4,900万円 3億4,700万円 200万円
国民健康保険 440億  700万円 435億5,100万円 4億5,600万円
介護保険 409億4,800万円 407億7,500万円 1億7,300万円
後期高齢者医療 61憶9,700万円 61億8,000万円 1,700万円
食肉センター 1億8,900万円 1億8,800万円 100万円
駐車場事業 12億4,500万円 1億5,800万円 10億8,700万円

商業施設

8億1,500万円 6億6,400万円 1億5,100万円

母子父子寡婦福祉資金貸付

2億1,000万円 8,700万円 1億2,300万円
誠之奨学資金 9,100万円 300万円 8,800万円
財産区 1億1,600万円 4,400万円 7,200万円
合  計 950億2,200万円 927億3,200万円 22億9,000万円

 

【2020年度上半期の財政状況】

(一般会計)

 2020年度一般会計の当初予算に補正予算を加えた現計予算額は、2,371億2,200万円となりました。

一般会計歳入予算と収入額
予算額 収入額 収入率
国庫支出金 831億  500万円 598億4,600万円 72.0%
市税 737億2,600万円 456億9,800万円 62.0%
市債 187億  100万円 2,100万円 0.1%
地方交付税 165億  100万円 111億2,200万円 67.4%
県支出金 141億  300万円 14億5,700万円 10.3%
地方消費税交付金 106億2,200万円 57億4,200万円 54.1%
繰入金 64億7,400万円 0万円 0.0%
使用料及び手数料 44億7,200万円 18億6,400万円 41.7%
諸収入 30億  900万円 3億9,800万円 13.2%
その他 64億  900万円 71億5,300万円 111.6%
合  計 2,371億2,200万円 1,333億 100万円 56.2%

市税…個人市民税、固定資産税、法人市民税など

市債…公共施設の整備などのために借り入れるお金

地方交付税…市の財政状況に応じて国から配分されるお金

一般会計歳出予算と支出額
予算額 支出額 執行率
民生費 813億8,700万円 305億4,200万円 37.5%
総務費 602億1,000万円 512億  800万円 85.0%
教育費 279億8,300万円       75億9,800万円 27.2%
土木費 198億9,400万円 65億5,000万円 32.9%
公債費 154億6,500万円 76億  800万円 49.2%
衛生費 151億7,800万円 48億1,700万円 31.7%
消防費 55億9,300万円 25億  500万円 44.8%
商工費  55億1,500万円 16億1,400万円 29.3%
農林水産業費  29億1,800万円 8億2,000万円 28.1%
その他  29億7,900万円 14億4,600万円 48.5%
合  計 2,371億2,200万円 1,147億  800万円 48.4%

民生費…生活や福祉向上のためのお金

総務費…市役所の管理運営のためのお金

教育費…学校・社会教育振興のためのお金

土木費…道路、都市整備などのためのお金

公債費…市の借金返済のためのお金

衛生費…健康増進やごみ処理のためのお金

消防費…災害対策などのためのお金

商工費…商工業発展のためのお金

農林水産業費…農林水産業の振興のためのお金

その他…災害の復旧、議会の管理運営などのためのお金

 

(特別会計)

 特別会計とは、特定の事業を行うため、一般会計と分ける必要がある会計(介護保険、国民健康保険など)をいいます。

特別会計予算と収入額・支出額
会計名 予算額

収入額(収入率)

支出額(執行率)
介護保険 432億8,600万円

167億5,000万円

(38.7%)

173億3,100万円

(40.0%)

国民健康保険 419億  400万円

155億5,700万円

(37.1%)

162億4,500万円

(38.8%)

後期高齢者医療 65億1,500万円

19億9,200万円

(30.6%)

24億1,100万円

(37.0%)

その他 44億4,000万円

22億  800万円

(49.7%)

5億5,400万円

(12.5%)

合  計 961億4,500万円

365億  700万円

(38.0%)

365億4,100万円

(38.0%)

 

(財産の状況)

財産の状況(2020年9月末見込み)
区分 状況
土地 1,231万6,608平方メートル                           
建物   149万1,291平方メートル
有価証券その他 15億  438万円
債権 49億3,106万円
基金 467億6,946万円

 

(市債の状況(2020年9月末見込み))

1,427億円(市民1人当たり30万5,000円)

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

財政課
Tel:084-928-1014