ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報「ふくやま」2018年11月号 > 交通死亡事故と犯罪の発生状況(2018年11月号)
広報ふくやまの表紙

広報「ふくやま」2018年11月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


暮らしの情報

交通死亡事故と犯罪の発生状況(2018年11月号)

内容

本年9月30日現在、市内で交通事故により亡くなった人は8人、その内5人が夜間の時間帯での事故でした。
悲惨な交通事故を減らすため、歩行者の皆さんにお願いです。
夜間に外出する際は、反射材等を活用して、自身の存在を車に気付いてもらうよう心掛けましょう。また、ドライバーの皆さんは薄暗い時間帯は早めにライトを点灯させ、夜間に前を走る車や対向車がいない場合には、上向きライトで走行しましょう。
■広島県では本年4月から、毎月10日を「高齢者の交通安全の日」と定め、高齢者の交通事故を防ぐため、いろいろな交通安全対策を実施しています。

 交通事故・犯罪をみんな協力してなくしていきましょう。

タイトル:交通死亡事故と犯罪の発生状況
       市内の交通死亡事故の発生状況(人) 
          (10月15日現在)
      種   別  2018年  対前年
           死     者      9      -7 
 高齢者(65歳以上)      8      -1 
若年者(16~24歳)      0       ±0 
その他      1      -6
 ◆歩行者の方へ
   夜間は明るい色の服を着用し,LEDライトや反射材を活用
  して身を守りましょう。
 ◆ドライバーの方へ
   車等を運転する時は,早めのライト店頭と上向きライト(ハ
  イビーム)を活用しましょう。
       市内の身近な犯罪の発生状況(件)
          (9月30日現在)
   2018年  対前年
刑法犯総数   1,921    -33
うち身近な犯罪     979    -77
 自転車盗     426    +33
オートバイ盗      23     -7
車上ねらい      77    -74
空き巣など侵入盗     176    -33
ひったくりほか     277     +4
  自転車の盗難対策の一つとしてワイヤー錠等も使ってツーロ
 ック」をすれば,盗難被害に遭わない確率が上がります。
  自転車の盗難における課題は「鍵をかけないで盗まれる」
 ことです。自転車に鍵をかけることは「自らの安全は自ら守
 る」第一歩です。

手話通訳/要約筆記の有無

 

このページに関するお問い合わせ先

問い合わせ/電話番号 生活安全推進課
TEL084-928-1077