ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2019年2月号 > 交通死亡事故と犯罪の発生状況(2019年2月号)
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2019年2月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月1日更新
暮らしの情報

交通死亡事故と犯罪の発生状況(2019年2月号)

内容

 2018年中に発生した交通死亡事故13件のうち、半数の7件が道路横断中の歩行者と自動車の衝突事故です。
 悲惨な事故に遭わないために、
 ドライバーは
○横断歩道を渡ろうとしている人がいたら、停止する。
○危険を早く察知するため、早めの点灯、ハイビームの活用。
 歩行者は
○日没後の外出時にはライトや反射材を身に付ける。
○横断時は左右をよく確認して、無理な横断はしない。

2019年広島県交通安全年間スローガン
- 危険だよ スマホに夢中の そこの君 -

 2018年の刑法犯総数は、◇◇件。そのうち身近な犯罪は◆◆件でそれぞれ減少しています。
 その中で自転車盗の件数は××件で最も多くなっています。
 ○自転車を止める時は、必ず施錠する。
 ○鍵のかけ忘れがないか確認する。
※鍵を二つかける「ツーロック」にすると一層安全です。

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

生活安全推進課
✆928-1077