ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2019年2月号 > 日本遺産「福山・鞆の浦」認定記念シンポジウムを開催します
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2019年2月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月1日更新
暮らしの情報

日本遺産「福山・鞆の浦」認定記念シンポジウムを開催します

とき

2月24日(日曜日)14時00分~17時00分
※開場は13時30分

ところ

鞆公民館2階 ホール(福山市鞆町鞆423番地1)
※無料駐車場はありません。公共交通機関もしくは有料駐車場をご利用ください。

内容

2018年5月24日,鞆町の近世港町文化をテーマとしたストーリー「瀬戸の夕凪(ゆうなぎ)が包む 国内随一の近世港町 ~セピア色の港町に日常が溶け込む鞆の浦(とものうら)~」が日本遺産に認定されたことを記念して,シンポジウムを開催します。

【講演1】「日本遺産の価値とめざす姿」
      講師:株式会社 ブルームコンセプト 代表取締役 小山龍介さん(日本遺産プロデューサー)
【講演2】「日本遺産に関する小浜市の取組について」
      講師:福井県小浜市教育委員会 文化課日本遺産活用グループ主幹 下仲隆浩さん
【講演3】「江戸時代の鞆の浦」
      講師:鞆の浦歴史民俗資料館 館長 通堂博彰さん
【パネルディスカッション】テーマ:「鞆の暮らしの昔と今」

対象

どなたでも参加できます。

定員

180人※先着

料金

参加無料

申し込み方法

申込不要

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

文化振興課
084-928-1278