ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2019年4月号 > ふくやま美術館 春季所蔵品展「大村廣陽 -風景描写を切り口としてー」
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2019年4月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:143321印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月31日更新
暮らしの情報

ふくやま美術館 春季所蔵品展「大村廣陽 -風景描写を切り口としてー」

とき

4月3日(水曜日)~6月23日(日曜日)
午前9時30分から午後5時
月曜休館
※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館、 5月7日(火曜日)は休館。

ところ

ふくやま美術館 2階常設展示室

内容

色彩豊かな花鳥動物画を描いたことで知られる福山出身の日本画家・大村廣陽(1891-1983)は、風景画も多く残しました。本展では、廣陽の風景画を切り口に、詩情溢れる本画やみずみずしいスケッチの数々を展観します。

料金

一般300円(240円)
高校生以下無料、
( )内は有料20名以上の団体料金

大村廣陽 風景 蓮池

大村廣陽《風景・蓮池》1911年頃

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

ふくやま美術館
電話084-932-2345