ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 福山城博物館 > 福山城博物館春季テーマ展のお知らせ

福山城博物館春季テーマ展のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

とき

4月2日(火曜日)~5月19日(日曜日)
午前9時開館・午後6時30分閉館(入館は午後6時まで)
月曜日休館※ただし 4月29日(祝日)・4月30日(火曜日)・5月6日(祝日)開館

ところ

福山城博物館1階展示室

施設臨時休館日

5月7日(火曜日)閉館

内容

江戸時代、今の私たちと同じように様々な役職の方々がいました。立場や格式、実用性の追求等によりそれぞれ身に着けた衣装も変わるのですが、それだけではなく羽織る、被る、腰に差す等その姿かたちは多種多様なものです。火消し役であれば燃えにくい羅紗地の火事羽織、武家が例祭に赴くのであれば家紋の入った裃(かみしも)等がそれと言えます。更に状況に合わせたものだけでなく生地自体の染色や華麗な装飾等細部へのこだわりも見られます。
この度はそうした衣装や小物類と共に“纏(まと)い”をテーマにご紹介します。

料金

200円(160円)
高校生以下無料 ( )内は20名以上の料金
福山城博物館
084-922-2117

手話通訳/要約筆記の有無: