ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報「ふくやま」2019年1月号 > 医療と介護の費用が高額になった場合、申請により給付が受けれます
広報ふくやまの表紙

広報「ふくやま」2019年1月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月3日更新
いきいきシニア

医療と介護の費用が高額になった場合、申請により給付が受けれます

内容

2017年8月から2018年7月までの1年間で医療保険と介護保険の両方の自己負担額を合算した額が、自己負担限度額を超えた場合、その超えた額が「高額介護合算療養費」として支給されます。
ただし、どちらか一方の自己負担額しか存在しない場合は支給対象となりません。
※申請が必要な人には後期高齢者医療保険は1月中旬(国民健康保険は2月上旬)に「申請のお知らせ」を送付します。
※申請先は2018年7月31日時点で加入している医療保険者です。国民健康保険・後期高齢者医療保険以外の医療保険へ加入している場合は各保険者へ問い合わせてください。

申し込み先

国保年金課給付担当(084-928-1054)
後期高齢者医療課(084-928-1411)
松永市民課
北部市民課
東部市民課
神辺市民課
内海支所
沼隈支所保険年金担当
新市支所保険年金担当

2017年8月から2018年7月までの基準額

所得区分(70歳未満)基準額所得区分(70歳以上)
後期高齢者医療被保険者
基準額
上位所得者(901万円超)212万円現役並み所得者67万円
上位所得者(600万円超901万円以下)141万円
一般(210万円超600万円以下)67万円一般56万円
一般(210万円以下)60万円
低所得者(住民税非課税世帯)低所得者231万円
低所得者119万円
※表中の「1」「2」はローマ数字

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

国保年金課給付担当(084-928-1054)
後期高齢者医療課(084-928-1411)
介護保険課(084-928-1166)
松永市民課(084-930-0402)
北部市民課(084-976-8802)
東部市民課(084-940-2576)
神辺市民課(084-962-5011)
内海支所 (084-986-3111)
沼隈支所保険年金担当(084-980-7703)
新市支所保険年金担当(0847-52-5514)