ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2019年12月号 > 世界一の脳神経外科医 福島孝徳先生による支援が実現
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2019年12月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:169334印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月1日更新
ふくやまニュース

世界一の脳神経外科医 福島孝徳先生による支援が実現

中学生の夢を全力で応援する「夢・未来プロジェクト」

 10月26日(土曜日)、8月のプレゼン大会で561組の応募の中から支援対象として見事選ばれた、近畿大学附属広島中学校福山校1年生 島谷憲史郎さん(夢:脳神経外科医になって笑顔の花を咲かせたい!)の夢実現に向けた支援を実施しました。
 なんと「鍵穴手術」の考案者であり、アメリカを拠点に活動し、「神の手」や「The Last Hope」など、「世界一の脳神経外科医」として賞賛される福島孝徳先生からの支援が来日に合わせて実現しました。
 当日は福島先生との対談や手術見学などを通して、脳神経外科医としての心構えを学びました。

支援の様子

詳しい支援の様子についてはこちらのページをご覧ください。

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

青少年・女性活躍推進課
084-928-1046