ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報「ふくやま」2018年10月号 > 「簡単にもうかる」「楽してもうかる」は要注意~情報商材のトラブル~
広報ふくやまの表紙

広報「ふくやま」2018年10月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


なるほど知っ得情報!

「簡単にもうかる」「楽してもうかる」は要注意~情報商材のトラブル~

「簡単にもうかる」「楽してもうかる」は要注意~情報商材のトラブル~

相談事例

インターネットで「仮想通貨で楽々もうける方法」という広告を見て興味を持ち、先着30名とあったので急いで情報商材を契約した。10万円の参加費とは別に、「より確実な方法」、「分からなければ丁寧にサポート」と勧められ、追加費用50万円を払った。届いた情報商材を見てもよく分からなかったので、事業者に聞いてみたが、自分でやらなければ理解できないと言われた。

アドバイス

情報商材とは、インターネットなどで売買される「お金のもうけかた」などのノウハウをDVDや冊子、PDFのダウンロードなどで提供されるものです。内容は「仮想通貨」、「転売代行」などさまざまです。

情報の内容は購入して中身を見るまで分からないため、情報が思っていたものと違うときはトラブルになりがちです。

消費生活センターには「広告のようにもうからない」「成果がなかったら返金するとあったが返金されない」といった相談、また、「情報商材だけでなく追加サービス費用を請求された」「新たなビジネスと称して次々と100万円近くの契約をさせられた」という相談も入っています。

「簡単にもうかる」「楽してもうかる」といった表示をしている広告は要注意です。情報商材の購入は、トラブルが生じる可能性があることを理解しましょう。少しでも疑問があったらすぐに契約せず、家族や身の回りの人とよく話し合いましょう。また、トラブルと思った場合は早めに消費生活センターに相談してください。

情報商材のトラブルイラスト

※イラストは「消費者庁イラスト集」から利用しています。

おかしいな 本当かなと思ったらすぐに相談を 消費生活センター電話9281188

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

消費生活センター
Tel:084-928-1188