ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報「ふくやま」2018年10月号 > 鞆の津 八朔の馬出し ~木馬や子ども練り歩く~
広報ふくやまの表紙

広報「ふくやま」2018年10月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新
ふくやまニュース ぐるり

鞆の津 八朔の馬出し ~木馬や子ども練り歩く~

子どもの健やかな成長を願う鞆の伝統行事

9月2日、子どもの成長を願って木馬と子どもをのせた台車が鞆の浦のまちをにぎやかに練り歩きました。鞆の浦では、八朔の日にちなみ江戸期から昭和初期までは男児が生まれると各家庭で白い木馬と台車のセットを引いて誕生を祝っていたようで、女児には人形などを贈っていたようです。子どもの誕生を祝い成長を願う行事は一時途絶えましたが、2002年に住民たちによって復活しました。また八朔の馬出しは今年5月に認定された日本遺産のストーリーに含まれる構成文化財の一つで、全国でも鞆の浦だけが行っている行事です。
八朔の馬出しの写真
木馬と子どもをのせた台車が練り歩きました
お祭りのイラスト
鞆中学校生徒による太鼓演奏が行われました
鞆中学校生徒による太鼓演奏が行われました
子どもたちの太鼓と囃子でまちがにぎわいました
子どもたちの太鼓と囃子でまちがにぎわいました
馬のイラスト
沼名前神社から鞆こども園まで町内を練り歩きました
沼名前神社から鞆こども園まで町内を練り歩きました

このページに関するお問い合わせ先

情報発信課
Tel:084-928-1003