ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
広報ふくやまの表紙

広報「ふくやま」2019年1月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月3日更新
いきいきシニア

食育をみんなで実践しましょう!

福山市では、「福山市食育推進計画2018」を策定しています。重点取組事項として「バランスのよい朝食をとろう」を掲げています。

(1)バランスのよい朝食をとろう朝ごはんには,1日の食生活のリズムをつくる,身体を目覚めさせる,脳へのエネルギーを供給する,肥満を予防するなどの大切な役割があります。「主食・主菜・副菜」がそろった栄養バランスのよい朝食をとりましょう。

(2)野菜を1日350g食べよう生活習慣病を予防するためにも1日350gの野菜の摂取が必要とされています。「野菜が足りているかな?」を意識して食べましょう。

(3)自分の適正体重を知ろう体重および身長から「BMI」という体格指数で自分の体格を知ることができます。特に高齢期には、必要な栄養が不足した「低栄養」状態に陥りやすくなります。栄養が不足しないようにしましょう。
【BMIの計算方法】
  BMI(kg/m2)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
【目標とするBMI】
  18~49歳:18.5~24.9  50~69歳:20.0~24.9  70歳以上:21.5~24.9

(4)栄養成分表示を活用しよう食品を購入する時など参考にしましょう。私たちの食生活は、ライフスタイルの多様化などに伴い大きく変化してきました。健全な食生活が失われつつある今、食育を実践する必要があります。市では、「毎月19日は食育の日」の啓発活動や「ヘルシーメニューコンテスト」の開催、地域で食生活改善推進員と一緒に子どもからシニア世代を対象にした料理教室の開催など、食に関するイベントをおこなっています。まずはできることから始めてみましょう。

福の山ファミリー

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

健康推進課
Tel:084-928-3421