ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
広報ふくやまの表紙

広報「ふくやま」2018年11月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


歴史散歩

童謡と中条

愛唱歌誕生秘話

 

♪かもめの水兵さん 

並んだ水兵さん 白い帽子 白いシャツ 白い服 

波に チャップチャップ

浮かんでる♪

 

 多くの人に知られている童謡の「かもめの水兵さん」。

 この歌の誕生が福山に縁があることを知っていますか。歌詞の作詞を神辺町西中条で生まれた足利瑞義のめい武内俊

子がしています。

 足利瑞義は西中条の勝願寺に生まれ、1902(明治35)年から仏教の研究を主目的として組織された大谷探検隊に随

行して西域・新疆など中央アジアの仏教遺跡を調査しました。また,僧侶であった瑞義は1933(昭和8)年9月に布教のた

めに横浜港からハワイへ出航します。メリケン波止場で瑞義を見送った俊子は,数十羽のカモメが夕日を浴びて飛び交っ

ている情景に感動し、帰路の電車の中で歌詞を書きとめています。

 この歌詞を基に作曲され、レコード発売後,童謡部門でレコード売上げ枚数日本一を記録しました。

 瑞義は,父の足利義山と共に、親子2代にわたり本願寺派の勧学を勤めたことから,勝願寺には勧学の石碑がありま

す。

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

文化振興課
084-928-1278