ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 備後圏域連携中枢都市圏 > その他 > 住民意識調査 > 新型コロナウイルス感染症による住民の意識・行動変化に関するアンケート調査について

本文

新型コロナウイルス感染症による住民の意識・行動変化に関するアンケート調査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月9日更新

住民の意識・行動変化に関するアンケート調査結果

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により,生活スタイルの激変や地域経済の停滞など備後圏域を取り巻く環境は大きく変わり,住民の生活や経済活動に多大な影響を与えています。
 この状況の中で,住民の現状や感染拡大の収束後の意識・行動変化などを把握し,効果的な施策・事業の構築につなげるためのアンケート調査を実施しました。

調査時期

2020年(令和2年)5月29日(金)~6月1日(月)

調査対象

備後圏域の住民(18歳から49歳まで) 500人

調査結果

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)