ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま文学館 > ふくやま文学館 新着情報 > 「今井絵美子 ―人情と自然と」展 > 「今井絵美子 ―人情と自然と」を開催します。

「今井絵美子 ―人情と自然と」を開催します。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月17日更新

会期 

 2017年9月16日(金曜日)~11月26日(日曜日) 
  休館:月曜日  ※ただし、9月18日(月曜日)、10月9日(月曜日)は開館し、9月19日(火曜日)、10月10日(火曜日)は休館します。

内容

 広島県福山市在住の小説家今井絵美子は、現在最も精力的に時代小説を世に送り出している作家のひとりです。〈立場茶屋おりき〉シリーズをはじめとする人気シリーズ、さらには、2015年の乳がん手術後も「生きている限りは書き続ける」という今井の文学的現在(現代小説『芦田川』、自叙伝『いつもおまえが傍にいた』などの刊行)についても紹介・展示します。

観覧料

  一般 500円(400円) 高校生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金

撮影:谷口雅彦

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る