ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > がんについての情報 > がん診療統括部のご紹介

がん診療統括部のご紹介

メッセージ 地域がん診療連携拠点病院とは 

メッセージ

がん診療のシステム化と地域医療連携への拡大

 当院は福山・府中二次保健医療圏の地域がん診療連携拠点病院に指定されており、当医療圏およびその近隣での円滑ながん診療の推進を図るとともに、質の高いがん医療を提供することが求められています。がん診療統括部は、地域がん診療連携拠点病院院内運営委員会のもと、がん診療・治療の標準化、がん診療における専門知識・技術修得のための研修の促進、がん登録、がん相談事業、がんに関する各種情報の収集・提供、がん診療に関わる地域医療連携の構築・運営などに携わっています。がん患者さまが一連の質の高いがん診療を地元で安心して受けられるように、システムとして統一された医療体制の確立、地域医療連携の構築を目標としています。

 最近の高度に進行した医療では、医療機関・診療科により診療内容・治療方針が異なり統一されていないのでどこで治療を受けていいか分からない、急性期医療に偏りすぎて緩和ケアなどの診療が受けられない、一連のがん診療・治療を継続して受けられないなどの、いわゆる「がん難民」という現実があります。こうした問題点は今に始まったことではありませんが、患者さまが高齢化し、さらに次々と新しい医療・治療法が開発されている現在ではより顕著になりつつあります。高度医療が進行し、医療機関の役割分担が進みつつある現状では、がん患者さまが一連のがん診療を継続的、統一的に受けられるよう、調整的役割を持つシステムが必要とされます。
こうした現状にあわせて、当院がん診療統括部は、それぞれの診療科・部門でのがん診療に係る共通の業務を整理統一して各診療科のがん診療・治療に還元し、病院全体システムとして確立することを目標にしています。また、そうした情報を院外・地域に発信し、そのシステムを地域医療機関での診療に拡大していくことも考えています。

 がん相談支援センター(福山市民病院正面玄関を入ってすぐ左側にあります)では、すべてのがん患者さまの診療・生活・経済的問題などの相談に対応し、院内・院外のがんに関する情報を提供しています。相談件数は院内、院外からの相談件数を合わせて月約百件程度、年間1,200~1,300件程度の相談を受けています(図1.年間相談件数)。また、がん患者さま、あるいはその家族同士で気軽に悩みや日常的なことなどを話し合う「患者サロン:おしゃべり会」を設けています。参加された患者さま、その家族の方々には好評を得ています。

がん相談支援センターの写真

がん相談

がん相談支援センターについての詳細はこちら

 病院内では毎週月曜日の朝に外科、乳腺甲状腺外科、呼吸器外科、内科、腫瘍内科、放射線治療科、放射線診断・IVR科、病理医ほかが集まってキャンサーボード(検討会)を開催しています。キャンサーボードでは、提示された症例の病態について意見交換、情報共有し、協議のうえ治療方針を決定します。また、院外の医師・看護師・薬剤師などの医療関係者も自由に参加できるがん診療フォーラムを定期的に開催し、新しいがん診療について研修する場を設けています。院内で行うがん化学療法は、そのプロトコール(標準治療計画)を「がん化学療法プロトコール委員会」で審査・統一し、安全・確実に施行できるようにしています。
 全診療科の外来化学療法はすべて外来化学療法センターで施行しています。外来化学療法件数は年々増加傾向にあり2017年(1月~12月)の年間施行件数は約7,000件です。

外来化学療法センター

外来化学療法
外来化学療法件数

 また、当院では外来・入院を問わず、がんで初めて受診した患者さまについて、統一的に症例を登録しています。
この「院内がん登録」によって、最近のがんの傾向・予後・治療効果などについて調査・情報収集し、今後のがん診療に役立つように情報提供しています。2017年度は、年間約2,200件の新規症例が登録されています。 

 この医療圏におけるがん診療は当院だけで完結するものではありません。患者さまを継続的に診療していくためには、普段その患者さまを診ておられるかかりつけ医の先生方との医療連携が必要です。また医療連携の中で一貫した診療を継続するためには、統一システムを地域医療に拡大する必要があります。最終的には、この地域の医療機関がひとつのシステムとしてがん診療を推進できればいいと考えます。そのシステムを仲介するものが、オープンカンファレンスであり、地域医療連携クリティカルパスであると思います。2011年10月から運用を開始した、地域医療連携クリティカルパスを介して、地域のかかりつけ医の先生方と共同で、統一されたがん診療を進めています。患者さまが、安心して最新の治療を受けられるような地域医療連携の構築・運用が、当院がん診療統括部の今後の目標とするところです。
 今後、医療の形態が変化するとすれば、キーワードは「地域連携」です。当院はその拠点たる病院として情報を発信し、実効性のある地域連携を介して、この地域でのがん診療の充実を目指します。


ページトップへ戻る