ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 救命救急センター > 救命救急関連統計

救命救急関連統計

救急患者等受入状況

2017年4月1日から2018年3月31日まで

  • ホットライン件数 415件
  • 救急対応不能件数(外数) 8件 (高度救命救急センターへ2件,近隣医療機関へ1件,手術中・処置中5件)
  • 応需率 98.1%

救命救急センター入院状況

  • 入院延患者数 5,029人
  • 入院実患者数 1,440人
  • 平均在院日数 3.4日
  • 病床利用率 57.5% 
  • 救急車搬入件数 3,842件
  • ヘリコプター 21機
  • 他病院の公用車などによる件数 40件
  • CPA総数 102件
  • 外来での死亡数(CPA患者のうち) 68人

救急車等での搬入によるセンター入院患者数

  • 救命救急センター 最重症病棟(ICU)入院 275人
  • 救命救急センター 重症病棟(HCU)入院 987人
  • 3次救急患者773人
  • 2次救急患者489人 

厚生労働省の調査表から

表1  厚生労働省規定疾患群:新搬送基準  単位(人)

救急表

※上記のなかには敗血症,横紋筋融解症,各種ショックなど含まれない疾患もあります。

 

ページトップへ戻る