ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
うまいもん
  • 地域おこし協力隊インタビュー企画
  • 何もないとは言わせない!インタビュー
  • 福山市公式ホームページ

保命酒(ほうめいしゅ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月3日更新
保命酒

江戸時代初期,大阪の漢方医・中村吉兵衛が長崎出島に薬草の買い付けに向かう途中に立ち寄った鞆で見つけた地酒「吉備の旨酒」に,生薬を漬け込んだのが始まりとされ,以降,現在の太田家住宅で「十六味地黄保命酒」として醸造が開始されました。
16種類のハーブを漬け込んだ薬味酒で,江戸時代,福山藩は代々保命酒を御用酒としていたことから備後の特産品として広がりました。
ペリーが開国を迫って日本にやってきた当時の老中首座(今の内閣総理大臣)は,福山藩主の阿部正弘でした。そのためペリー一行をもてなす宴会にも保命酒がふるまわれたということです。
現在では,鞆の浦地域で4社が製造し,JAPANブランド化へ向け,海外でのマーケティングデータを元にアルコール度数を高めた新商品も開発されました。また,保命酒を活用したカステラやケーキ,カクテルなどの商品開発もされています。