ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

当院の取り組みの紹介

災害拠点病院としての整備

地域の災害拠点病院として、災害時には中心的役割を果たす必要があることから、受水層、自家発電装置、備蓄倉庫、耐震補強、災害時対応スペースを確保しています。

  • ヘリポートの整備
    2006年から運用しており、月1~3回の離着陸の実績があります。
  • 備蓄倉庫と備蓄品等の整備
  • DMAT(災害医療派遣チーム)の整備
    現在2チーム整備しています。
  • 災害マニュアルの整備
  • 大規模救急救護訓練への参加
  • ライフライン維持機能の確保
  • 医療資器材の整備
    放射線測定器、簡易毒劇物検査キット、化学防護服、除染設備 など
  • 広域災害・救急医療情報システム(EMIS)の整備
  • 災害時に備えた応援協定の締結

ページトップへ戻る