ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
福山市トップページ > ふくやまのくらし > 福山市の地域おこし協力隊をご紹介します

福山市の地域おこし協力隊をご紹介します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月3日更新

福山市の地域おこし協力隊をご紹介します

地域おこし協力隊とは

 地域おこし協力隊は,地域外の人材を誘致し,地域おこし活動などに積極的に関わってもらいながら,活動後の定住を図ることで,地域力を向上させることを目的とした国の制度です。
 福山市では,2015年度(平成27年度)から今までに,地域おこし協力隊として5人の方に委嘱し,現在,2人の協力隊員に活動していただいています。

★福山市地域おこし協力隊員を募集しています!詳しくはこちらから。

地域おこし協力隊のFacebook ページ

地域おこし協力隊が行く!ふくやま暮らし研究所

福山市地域おこし協力隊員の紹介

<福山市地域おこし協力隊員プロフィール>

(1)名前 (2)以前住んでいたところ (3)協力隊員になったきっかけ (4)活動内容 (5)コメント

中尾 圭さん

(1)中尾 圭(なかお けい)

(2)兵庫県三田市

(3)前職のまちづくり会社の仕事で、内海町によく訪れており、地域の方とのつながりがたくさんできたことがきっかけです。

(4)福山市の島しょ部(内海町)をベースに、デザイン・編集・企画事務所「港の編集室」としての自立を目指しています。現在は、内海町の産業(漁業)自然を生かした体験イベントの企画や、地域資源の発信に入れていこうとしています。また、福山市の広報で魅力発信コラム「ふくやま暮らしラボ」を連載中で、福山らしいライフスタイルを発しながら、市内の活動者の横のつながりづくりにも取り組んでいます。

(5)福山に暮らす人たちと一緒に、福山ライフをもっともっと楽しむ活動をしていきたいです。ぜひご参加ください!

長嶺充さん

(1)長嶺 充(ながみね みつる)

(2)広島県広島市

(3)妻が生まれた福山で地域の伝統工芸の後継者の募集があると知り、移住を機に伝統にまつわる仕事に就きたいと思ったことがきっかけです。

(4)福山琴の生産技術を琴製作所の職人さんから学んでいます。福山琴を取り巻く環境を調査して福山琴を生かした地域活性化策や販路の充実に向けた活動も行います。福山琴を生かして地域活性化につなげるために、福山琴に携わる人のエピソードや琴の制作現場の様子をSNSなどで投稿したり、備後ふくやま伝統産業展などのイベントにも携わり福山琴の魅力を市内外に向けて発信していきます。

(5)伝統産業と愛好している伝統芸能(落語等)を掛け合わせて地域を活性化していければと思っています。

 福山市地域おこし協力隊に関する問い合わせ先

 福山市市民局まちづくり推進部まちづくり総務課
 〒720-8501 広島県福山市東桜町3番5号
 Tel 084-928-1217  Fax 084-928-1229
 E-mail machidukuri-soumu@city.fukuyama.hiroshima.jp

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る