ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま美術館外観写真
ふくやま美術館 > 特別展 > 藤田 桜‐『ぴのっきお』からの布貼り絵‐

藤田 桜‐『ぴのっきお』からの布貼り絵‐

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月17日更新

藤田 桜‐『ぴのっきお』からの布貼り絵‐

ぴのっきお

《ぴのっきお》1971年 岡山県立図書館所蔵©Sakura Fujita

 あら不思議!彼女が布を前にハサミと糊をとりだせば、そこには魔法のようにきれいな色と形が生れます。彼女の名は、藤田桜。布を絵の具のように使いこなす布貼り絵作家です。       

 藤田は、大妻女子専門学校(現・大妻女子大学)卒業後の1946年、中原淳一にそのセンスのよさを認められて雑誌『ひまわり』の創刊に編集部員として迎えられ、ここで次第に手芸作家としての才能を開花させます。この頃、猪熊弦一郎らの田園調布純粋美術研究所で本格的に絵画の勉強にも取り組み始めました。そして手芸作家としての布の知識に加え、画家としての表現力を身に付けていったことにより、布貼り絵という新たな絵画表現を見出したのでした。

 藤田は、1952年、月刊保育絵本『よいこのくに』(学習研究社)の表紙絵の専属作家となり布貼り絵作家として活躍し始めます。この『よいこのくに』を懐かしく思われる方も多いでしょう。その後1963年、画家で夫の高橋秀と共にイタリアに渡ることになり、日本を離れて40年余、ローマで暮らしました。

 本展においては、イタリアで制作された『ぴのっきお』(1971年)をはじめとする、8冊の布貼り絵による絵本の原画と参考出品として『つきよのおんがくかい』(1978年)、『おつきさま』(1980年)の複製原画を展示いたします。さらに布地コラージュ作品もあわせて、約160点の作品により藤田桜の世界をお楽しみいただきます。

●会    期   2014年7月12日(土曜日)~9月15日(月・祝)

●休館日        月曜日 ただし8月11日(月曜日)は開館 7月22日(火曜日)は休館

●開館時間  9時30分~17時00分    ただし9月5日(金曜日)、6日(土曜日)、12日(金曜日)、13日(土曜日)は、19時00分まで開館

●観 覧 料   一般1,000円(800円)高校生以下無料 ( )内は前売りまたは20名以上の団体料金

【前売券について】

●割引券の引換券取扱店  引換券取扱店はこちらをクリックしてください

次の方は無料です。証明となるものを各受付にご提示ください。           

■社会福祉施設に入所されている方。

■65歳以上で、福山市、府中市及び神石高原町に在住の方。

■障がい者およびその介護者の方。

おひめさまはぼろぼろふくがすき

おひめさまはぼろぼろふくがすき(部分)(1983年) 岡山県立図書館蔵©Sakura Fujita

愉

布地コラージュ《愉》(2011年)作家蔵©Sakura Fujita

よいこのくに

よいこのくに5月号(1955年)学習研究社刊©Sakura Fujita

みずうみはなぜおこる

みずうみはなぜこおる(1972年) 岡山県立図書館蔵©Sakura Fujita

とってもおいしいサルシッチェ

とってもおいしいサルシッチェ(1989年) 岡山県立図書館蔵©Sakura Fujita

                 藤田桜チラシPDF [PDFファイル/740KB]

主  催 (公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま美術館、福山市教育委員会、中国新聞備後本社、山陽新聞社

協  力  (株)学研教育みらい

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る