ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
福山城博物館 > 施設の紹介 > 筋鉄御門 > 筋鉄御門【国重要文化財】

筋鉄御門【国重要文化財】

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月1日更新

入母屋造り、本瓦葺、脇戸、櫓門等が付く。

福山城本丸の正面で福山築城に際して、伏見城から移築したものといわれている。

柱の角に筋鉄を施し、扉に数十本の筋鉄をうちつけているためその名が生まれたものである。

左に渡櫓、右に多門を連接させたもので、後代の枡型多門の型をとらない初期様式のものである。

<国重要文化財>

※内部非公開

筋鉄御門

筋鉄御門

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る