ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鏡櫓(文書館)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月1日更新

鏡櫓(文書館)

本丸の東側に位置し,東南隅の月見櫓から北へのびる塀でつながれている。

明治6年の廃城の際取り壊されたが,昭和48年9月30日外観復元がなされ,その姿を現在にとどめる。

昭和49年4月2日より,福山に関係する文書・記録類を整理保存する収蔵施設として活用されている。

文書館

文書館

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る