ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
福山城博物館 > 特別展・イベントのお知らせ > 特別展・イベントのお知らせ > 2018年度(平成30年度)秋季特別展「武器・武具展ー戦場(いくさば)の華ー」開催について

2018年度(平成30年度)秋季特別展「武器・武具展ー戦場(いくさば)の華ー」開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日更新

2018年度(平成30年度)秋季特別展「武器・武具展-戦場(いくさば)の華-」

1:タイトル 2018年度秋季福山城博物館
        秋季特別展「武器・武具展-戦場(いくさば)の華-」

2:期間   2018年(平成30年) 9月15日(土曜日)~11月11日(日曜日)
        月曜日休館※ただし9月17日(月・祝)・24日(月・休日)・10月8日(月・祝)開館
                     9月18日(火曜日)・25日(火曜日)・10月9日(火曜日)休館

        9時開館~17時閉館(入館は16時30分まで)

3:要項
  一般的に刀剣・鉄砲等を総称して武器,甲冑・陣羽織等を総称して武具とよびますが,
それらは武士にとって命を守るために備える重要なものでした。
しかし決して実用的なものだけでなく,変わり兜や鉄砲に見られる華美な装飾,
きらびやかな陣羽織などそこにはそれらを所有・愛用していた者の個性や宗教観,美意識が見られます。

  更にそれら武器・武具には鉄・革・布など様々な素材や工程・技術を元に製作されており,
日本の伝統工芸としての側面も持っています。
この度はそうした「武器武具の美」をテーマに
刀剣,陣羽織等戦場における道具類を幅広く含めてご紹介します。

4:料金   500円(400円)高校生以下無料
        ( )内は20名以上の料金

5:協力   一般社団法人日本甲冑武具研究保存会

鉄打出河童形変わり兜 明珍紀宗安作(個人蔵)  立涌模様腰取仏胴戦陣用童具足(個人蔵)
鉄打出河童形変わり兜            立涌模様腰取仏胴戦陣用童具足(個人蔵)
明珍紀宗安作(個人蔵)

関連イベント

(1)学芸員によるギャラリートーク
9月23日(日曜日)・10月7日(日曜日)・10月21日(日曜日)
各回13時30分~
参加費無料(別途要入館料) 

脇差
伝水野勝成所用脇差(福山城博物館蔵)

(2)  甲冑着付け体験9月23日(日曜日)・30日(日曜日)
10月7日(日曜日)・14日(日曜日)・21日(日曜日)・28日(日曜日)
11月4日(日曜日)
各回10時~16時
参加費無料(別途要入館料)
着付体験 

(3)  記念講演会※終了しました,多くのお客様にお越しいただきまして誠にありがとうございました。

9月16日(日曜日)13時30分~
一般社団法人日本甲冑武具研究保存会副会長
甲冑師 西岡文夫氏
場所:福寿会館
参加費:無料
正勝陣羽織  合戦図断簡
阿部正勝所用紺地陣羽織     合戦図断簡(個人蔵)
(備後護国神社蔵)

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る