ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
福山城博物館 > 特別展・イベントのお知らせ > 過去の特別展 > 2016年度春季テーマ展:福山藩ゆかりの人たち(その2)ー『郷賢遺墨集』に見る儒学者たちー

2016年度春季テーマ展:福山藩ゆかりの人たち(その2)ー『郷賢遺墨集』に見る儒学者たちー

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月1日更新

福山城博物館再建50周年記念・春季テーマ展

福山藩ゆかりの人たち(その2)ー『郷賢遺墨集』に見る儒学者たちー

2012年のテーマ展で福山の郷土史研究家である福田禄太郎(1866~1931)が福山に関係した
儒学者・絵師などの和歌・漢文・絵画作品をまとめた『郷賢遺墨集(ごうけんいぼくしゅう)』を元に
江戸時代の学問・文芸がどのように進展してきたかを展示で紹介しましたが、今回は
代表作である『福山文学』等も交え、より多くの福山で活躍した偉人達を紹介します。

期間:4月2日(土曜日)~5月15日(日曜日)

開館時間:9時~18時30分(入館は18時まで)

休館日:月曜日 ※ただし5月2日(月曜日)は開館

料金:一般200円(160円)高校生以下は無料
※(  )内は20名以上の団体料金

福田

福田録太郎氏

朱印張

松山筆 鹿図

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る