ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
福山城博物館 > 天守閣内のご案内 > 天守閣内のご案内 > 天守閣内のご案内(常設展・収蔵品)

天守閣内のご案内(常設展・収蔵品)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月1日更新

◆常設展示のご案内

福山城天守閣は現在福山城博物館として運営されています。

ここでは各階の大まかな展示内容を解説します。

※1~3階はテーマ展・特別展の会場でもありますので期間によっては展示内容が変わります

[ 地階展示室 ]
福山城関連の甲冑、武具、家紋入り瓦、福山城模型など。

地階

地階

[ 1階展示室 ]
江戸・明治時代の福山の文化に関連する資料の紹介(地元出身の儒学者の書蹟、絵画など)

1階

[ 2階展示室 ]

江戸時代中期以降:福山藩主,阿部家に関する書画、甲冑、愛用品、書状など。

2階

2階

[ 3階展示室 ]

江戸時代:福山藩初代藩主の水野家に関連する古絵図、家紋入り膳、伏見御殿板襖絵、文書類など。

3階

[ 4階展示室 ]
中世の福山の歴史を伝える草戸千軒町遺跡より出土した日本・中国陶磁器、宋銭、五輪石塔、下駄など。

4階

[ 中4階展示室 ]
原始・古代の福山の歴史を伝える化石、縄文・弥生時代の土器、石器、古墳時代の埴輪、須恵器など。

中4階

[ 最上階 ]
展望台。市街地を一望できます。

最上階 

最上階

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る