ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

皮膚科

診療内容

皮膚科医1名(専門医)にて診察にあたっています。特殊外来は設けておりません。

扱っている病気は皮膚に異常のあるもの全般であり、多岐にわたります。
代表的なものに湿疹・皮膚炎、細菌・真菌(カビ)・ウイルスなどの感染症、良性および悪性の皮膚腫瘍などがあります。
また、皮膚は外界からの種々の刺激や病原体によるだけでなく、内臓諸器官の病変の影響を受けて数多くの病変を生じます。
皮膚の変化が、皮膚だけの病気なのか、全身的な病気のあらわれとしての皮膚病変なのかということは皮膚科の診療において大切なところですが、境界領域の病気では他の科との密接な連携を心がけて診療にあたっています。
皮膚に異常をきたす病気を広く診療していますが、特に皮膚がんの早期発見、乾癬・白斑に対する紫外線療法に力をいれています。

皮膚科独自の特殊な検査・治療

  • パッチテスト(かぶれ、薬物アレルギー、金属アレルギーなど)
  • 皮内テスト(薬物アレルギーなど)
  • 光線過敏症の検査
  • 皮膚生検(皮膚病変の一部を切り取って顕微鏡で見る検査です)
  • 真菌検査(水虫などを直接顕微鏡で見たり、培養して調べたりします)
  • 細菌培養(おできやとびひなどで、どのような菌が生えているのか、どの薬がよく効くかを調べます)
  • 液体窒素療法(イボや小さい良性の腫瘍などを凍らせてとります)
  • 光線療法(紫外線A波、B波を用いて、尋常性乾癬、白斑などの治療をします)

当院では特定波長の紫外線B波を利用したナローバンドUVB療法を施行しており、従来のPUVA療法に比べ簡便で効果が高いことから好評を得ています。
当院は日本皮膚科学会の生物学的製剤使用承認施設に認定されています。


ページトップへ戻る