ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 診療科のご案内 > 外科治療のご紹介(食道)

外科治療のご紹介(食道)

食道

食道がん

食道がんは患者さんに真実を隠して治療を続けられる病気ではありません。
患者さんご本人が病状を正しく理解したうえで治療方法について医師と話し合い、納得して主体的に治療を続ける必要があります。
たとえ進行した状態でも、治療の工夫により満足していただける結果を得ることができると考えております。

原因については詳しくわかっていませんが、喫煙、アルコール多飲などががん発生に影響しているようです。
50歳以上の男性に多く、特に喫煙、飲酒歴の長い人は1年に1回の内視鏡検査をお勧めします。

病状、病期によって様々な治療法がございます。

Stage I:

いわゆる早期のもので、リンパ節転移の可能性がなく完全に切除できるものならば、内視鏡を使って切除しますが、内視鏡による深達度診断が100%ではないところが問題であり、少しでもリンパ節転移の可能性があるならば現段階では最も成績が良好な手術を基本としております。

Stage II,III:

Stage Iよりも進行したものは、 頚部、胸部、腹部リンパ節郭清を伴う手術(3領域リンパ節郭清手術)を基本としております。
また、治療成績向上のために化学療法(抗がん剤の使用)や 放射線療法と手術を組み合わせて治療を行う場合もあります。

しかし食道がんの手術は消化器領域の中でも最も体に負担をかける治療法の為、最近ではStage I,II,IIIでは手術せずに根治的な放射線化学療法を選択される方も増えております(最近の全国での検証では、Stage II,IIIではいまだ手術に取って変わるには至らない結果でした)。
放射線照射範囲が広く、放射線照射と抗がん剤投与を同時に行い、放射線線量も抗がん剤の用量も多く、治療法としては決して体に優しい治療法ではなく長期的な成績は未だ明確ではありませんが、食道や胃の機能がのこり、手術の傷がないなど利点があり、病期によっては手術と同等の成績を報告されており、当院でも、放射線科と連携して治療法の一つとして放射線治療を取り入れており、選択枝の1つになり得ると考えております。

Stage IV:

がん自体が周囲の臓器に浸潤していたり、広範囲にリンパ節転移がある、あるいは肺や肝臓などの臓器転移がある場合の段階ですが、この場合には手術成績が不良であるため、化学療法(抗がん剤の使用)、放射線療法或いはその両方による治療を基本としております。
遠隔臓器転移がない場合には先の放射線化学療法にて長期生存を望める事もあります。

食道がんは今後も診断や治療の面で変化していくと思われます。現時点での信頼し得る情報を基にしながら、豊富な経験に基づいた診断と治療を行ってまいります。


ページトップへ戻る