ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 診療科のご案内 > 精神科・精神腫瘍科

精神科・精神腫瘍科

基本方針

当院は緩和ケア病棟を持つ地域がん診療連携拠点病院、救命救急センター(3次救急施設)の2つの機能を特徴とする地域の中核病院です。
この特徴から当科は、下記3つの精神科臨床を優先的業務と考えています。

  1.  緩和ケア病棟及び各病棟と外来で行う精神腫瘍学(サイコオンコロジー)の臨床
  2.  救命救急センター入院患者における精神科診断と治療介入
  3.  その他の急性期病棟に入院されている患者さんに合併する精神科疾患の治療

スタッフ紹介

精神科・精神腫瘍科スタッフ紹介
氏名役職
平   俊浩科長リエゾン精神医学
サイコオンコロジー
(精神腫瘍学)
精神保健福祉法指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本総合病院精神医学会専門医・指導医・評議員
日本サイコオンコロジー学会代議員
精神腫瘍学の基本教育に関する指導医
臨床研修指導医

外来診療

当科は精神腫瘍学(サイコオンコロジー)の外来を専門として診療しています。一般精神科の外来は現在初診を受けておりません。
当院は精神科病床を持たず、精神科入院及び精神科救急医療には対応しておりません。興奮や自殺念慮・自殺企図などの症状がある場合や精神科入院を考慮する必要があると考えられる場合は、精神科病床を有する病院へ紹介させていただいております。
また、症状が安定して処方も固定となった方の継続治療を、かかりつけ医の先生にお願いさせていただくことがありますので、ご了承ください。

当科外来初診を希望される方へ

外来初診は予約制となっております。かかりつけの先生から当院地域医療連携室を経由して当科の予約を取っていただくようお願い申し上げます。
がんや合併するその他の身体疾患の治療状況、現在使用されている内服薬等の情報は、精神状態の判断のために欠かせない情報です。かかりつけ医の先生からの紹介状を初診時に持参していただきますようお願い申し上げます。
初診の当日は、問診表の記入や予診などの手続き、診察前に検査を行う場合もありますので、30分前までに受付をお願いします。

 


ページトップへ戻る