ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 診療科のご案内 > 精神科・精神腫瘍科初診患者統計

精神科・精神腫瘍科初診患者統計

2019年度 精神科・精神腫瘍科初診患者統計

疾患分類別症例数

  分類基準:国際疾病分類 第10版(ICD-10) 外来
患者
入院
患者
合計
F0 症状性を含む器質性精神障害 28人 224人 252人
F1 精神作用物質使用による精神及び行動の障害 2人 18人 20人
F2 統合失調症、統合失調型障害及び妄想性障害 10人 37人 47人
F3 気分(感情)障害 7人 30人 37人
F4 神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害 14人 45人 59人
F5 生理的障害及び身体要因に関連した行動障害 22人 66人 88人
F6 成人の人格及び行動の障害 1人 3人 4人
F7 精神遅滞 0人 1人 1人
F8 心理発達の障害 1人 2人 3人
F9 児童期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害 0人 0人 0人
  精神疾患なし・正常反応 30人 98人 128人
 G 挿間性及び発生性障害など 2人 1人 3人
  診断不能、情報不足、観察期間不足 0人 0人 0人
   合計  117人 525人 642人

2019年度 サイコオンコロジー(精神腫瘍学)

サイコオンコロジー症例の疾患別分類

サイコオンコロジー症例の疾患別分類
  分類基準:国際疾病分類 第10版(ICD-10) 入院及び外来患者
F0 症状性を含む器質性精神障害 112人
F1 精神作用物質使用による精神及び行動の障害 5人
F2 統合失調症、統合失調型障害及び妄想性障害 12人
F3 気分(感情)障害 11人
F4 神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害 26人
F5 生理的障害及び身体要因に関連した行動障害 71人
F6 成人の人格及び行動の障害 0人
F7 精神遅滞 0人
F8 心理発達の障害 0人
F9 児童期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害 0人
  精神疾患なし・正常反応 90人
 G 挿間性及び発作性障害など 2人
  診断不能、情報不足、観察期間不足 0人
  合計 329人

最終更新日:2020年10月26日


ページトップへ戻る