ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 診療科のご案内 > 画像誘導放射線治療Image Guided Radiotherapy(IGRT)

画像誘導放射線治療Image Guided Radiotherapy(IGRT)

像診断装置であるCT(コンピューター断層撮影装置)や床下に設置したX線撮影装置で撮影した画像を用いて放射線治療の際のわずかな位置の誤差を補正して正確に照射する治療法を画像誘導放射線治療Image Guided Radiotherapy(IGRT)といいます。
当院の放射線照射装置にはCTが装着されています。また、放射線治療室の床下に2台のX線撮影装置が設置され、自動的に患者さんの位置補正をするExactracいうシステムが設定されています。放射線治療装置に組み込まれたCTとExactracにてほぼすべての患者さんにおいて画像誘導放射線治療Image Guided Radiotherapy(IGRT)が可能となりました。
肺、肝臓、膵臓、リンパ節転移などに積極的にIGRTを施行しております。乳癌の術後照射においては被ばく量を少なくするために通常照射にて放射線治療を施行しています。

画像誘導放射線治療
画像誘導放射線治療の写真


ページトップへ戻る