ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > 中学生職場体験「チャレンジ・ウィークふくやま2017」を実施しました。

本文

中学生職場体験「チャレンジ・ウィークふくやま2017」を実施しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月11日更新

中学生職場体験「チャレンジ・ウィークふくやま2017」を実施

 今年度も,職場体験「チャレンジ・ウィークふくやま」を実施し,福山市上下水道局では,8月21日(月曜日)から25日(金曜日)までの5日間,福山市立城北中学校と福山市立城南中学校から計4名の生徒を受入れました。
 体験プログラムは,水道・下水道工事現場の見学をはじめ,職員の指導のもと漏水探知機を使った漏水調査や施設内の草刈り,水質の検査など多岐にわたる業務内容とし,生活に欠かすことのできない上下水道の仕事を体験していただきました。
 生徒の皆さんには,今回体験して感じたことや学んだことを今後に生かしていただければと思います。

RIMG0509.JPG
応急給水体験後,給水車前で集合写真

☆中学生からの感想
・水道水は当たり前のように出てくるのではなく,上下水道局で事務をされる方,浄水場で水道水をつくる方,配水管工事を計画する方達などのおかげで出てきているということを職場体験で学びました。
・仕事の大切さや厳しさが体験できました。また,僕たちが快適に過ごせているのは,普段見ることのできないところで,いろんな人が頑張っているということが職場体験を通じて分かりました。特に,水道は生活を送っている中での必須アイテムです。水がないと生き物は生きていかれません。水を扱っている上下水道局は,とてもすごいと思いました。
・上下水道局の方々の活躍によって,水道水が届けられているということを伝えていきたいです。