ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > 福山の上下水道 > 下水道 > 福山市汚水処理施設整備構想について

本文

福山市汚水処理施設整備構想について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月31日更新

福山市汚水処理施設整備構想について

本市の汚水処理事業における現状と汚水処理人口普及率向上に向けて取組むべき課題を踏まえ,すべての市民が将来にわたって快適で衛生的な生活環境を享受し,持続可能な汚水処理システムを構築できるよう,平成30年度に「福山市汚水処理施設整備構想」を策定しました。
 

・「汚水処理施設」とは・・・・・
 公共下水道や農業・漁業集落排水,浄化槽など,家庭や事業所から発生する汚水を処理する施設のことを言い,快適で衛生的な生活環境の確保や河川・海など公共用水域の水質保全など重要な役割を持つものです。
 

・「汚水処理施設整備構想」とは・・・・・
 効率的かつ適正に「汚水処理施設」の整備を推進するため,「汚水処理施設」の整備手法や対象区域などについて取りまとめたものです。

 

福山市汚水処理施設整備構想 [PDFファイル/4.82MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)