ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > くらしの情報 > お知らせ・ご案内 > 上下水道局における新型コロナウイルス感染者の2例目の発生について

本文

上下水道局における新型コロナウイルス感染者の2例目の発生について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月18日更新

上下水道局における新型コロナウイルス感染者の2例目の発生について

 上下水道局に所属する職員から,4月17日(金)に新たに「新型コロナウイルス感染症」に感染したことが確認されました。

 このため,同じ執務室で勤務する全ての職員を自宅待機させるとともに,当該職員と一定以上接触している職員についても同様の対応としております。

 また,当該職員が勤務する執務室については,範囲を拡大して「消毒」を実施するとともに,次のとおり,一部の機能を停止し感染拡大の防止に取り組んでまいります。

 なお,この度の対応により,水道や下水道のご使用については,影響ありません。

新たに追加する対応

 市民の皆さまや事業者の皆さまとの接触の機会をこれまで以上に減少させるため,上下水道局本局(古野上町15番25号)本館1階窓口を「当分の間」閉鎖します。

 皆さま方には,来局以外の方法による対応を原則とさせて頂きますが,緊急等やむを得ず来局を必要とされる場合は,上下水道総務課(084-928-1530)までご連絡ください。

 大変ご不便をお掛けいたしますが,ご理解とご協力をお願いいたします。

水道水の安全性

 新型コロナウイルス感染症は,感染した人からの飛沫や接触により感染するとされており,水道水を通して感染することはありません。仮に,水道水にウイルスが混入したとしても,塩素消毒された水道水の中で,その感染力は失われるとされております。

 上下水道局では,これまでどおり法令に基づき,適切な塩素消毒を実施するとともに,引き続き,水道水質基準に基づき,安心・安全な水を安定的に供給してまいります。