ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > 福山の上下水道 > 下水道 > 事業間連携下水道事業について

本文

事業間連携下水道事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月21日更新

蔵王地区事業間連携下水道事業

 近年,全国の都市において内水被害が頻発しており,市民生活や経済活動へ甚大な影響が発生していることから,内水浸水の実績がある地区,内水浸水による重要施設の被害が想定される地区の浸水被害の防止・軽減を図るために,下水道整備を河川事業と一体的に計画的・集中的に支援するための個別補助事業として,「事業間連携下水道事業」が令和元年度に創設されました。

 本市において,市東部を流れる手城川流域では,最近5年間で4回もの浸水被害が発生しており,また,平成30年7月豪雨では,浸水面積約250ヘクタール,床上浸水戸数36戸,床下浸水戸数25戸もの浸水被害が発生しました。

 そこで,事業間連携下水道事業の制度を活用し,県河川事業と連携を図りながら,対象地区の床上浸水の解消および浸水被害の軽減に取り組んでまいります。

 
計画名称 福山市蔵王地区事業間連携下水道事業
計画期間 2020年度(令和2年度)~2023年度(令和5年度)
主なハード対策事業

【河川事業】 河川改修,排水機場ポンプ増設

【下水道事業】 雨水幹線整備,雨水ポンプ場整備

主なソフト対策事業 河川監視カメラ、洪水ハザードマップ、水害対応タイムライン

 

福山市蔵王地区事業間連携下水道事業 計画書

福山市蔵王地区事業間連携下水道事業 概要版

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)