ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > くらしの情報 > 下水道 > 排水設備設置義務免除制度

本文

排水設備設置義務免除制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

下水道

排水設備設置義務免除制度

 下水道法第10条第1項により,公共下水道の供用が開始された区域内の土地の所有者等は,遅滞なく,その土地の下水を公共下水道に流入させるために必要な排水設備を設置しなければならないこととなっていますが,同法第10条第1項ただし書により,特別の事情がある場合は申請により上下水道事業管理者の許可を受け,排水設備設置義務が免除されます。

制度の概要

 次の主な免除条件を満たせば,申請により排水設備設置義務が免除されます。ただし,免除の期間は,免除した日から起算して1年を超えない期間です。引き続き免除を受けようとするときは,再度申請が必要です。

 排水設備設置義務免除取扱要綱を見る

お問い合わせ先

 ≪給排水課 排水設備担当≫ Tel (084)928-1532

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)