ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > くらしの情報 > お知らせ・ご案内 > 「福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)」を策定しました

本文

「福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)」を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)

1.策定の趣旨

 上下水道事業を取り巻く経営環境は,不安定な景気動向や節水機器の普及に加え,今後の人口減少の要因などから,水需要の低迷により収益が減少する一方で,老朽化した施設の更新・耐震化に対する投資が増大するなど,厳しい状況が続くものと見込んでいます。

 このような状況の中,経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」を最大限活用するため,水道事業や工業用水道事業,下水道事業が目指す将来像や目標を示す「ビジョン」と「経営戦略(投資・財政計画)」を合わせた,今後10年間の中長期的な経営の基本計画である『上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)』を策定しました。

2.ビジョンの位置づけ

 本ビジョンは,上下水道事業の基本理念(上下水道局の使命)や理想の姿(上下水道局のビジョン)を明らかにし,その実現に向けた「基本方針」(4本の柱)に基づき,重点的かつ計画的・効率的に取り組む「16の施策:39の取組項目」を取りまとめています。

 また,本市の最上位計画である「第五次福山市総合計画」や国が今後の上下水道事業が取り組むべき事項や方策を示した「新水道ビジョン≪厚生労働省≫」,「新下水道ビジョン≪国土交通省≫」との整合を図るとともに,「公営企業の経営に当たっての留意事項について≪総務省≫」において,策定が求められている「経営戦略」に位置づけるものです。

※「経営戦略」とは,各公営企業が,将来にわたって安定的に事業を継続していくための中長期的な経営の基本計画であり,「投資試算」(施設・設備投資の見通し)等の支出と「財源試算」(財源の見通し)を均衡させた「投資・財政計画」(収支計画)が中心です。

3.計画期間

   2017年度(平成29年度)~2026年度(平成38年度)の10年間

4.「福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)」の内容

     (全体版)

      ・「福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)」 [PDFファイル/6.62MB]

     (分割版)

      ・表紙~第1章 [PDFファイル/651KB]

      ・第2章 [PDFファイル/2.84MB]

      ・第3章 [PDFファイル/1.16MB]

      ・第4章~第5章 [PDFファイル/1.04MB]

      ・第6章~裏表紙 [PDFファイル/1.05MB]

     (概要版)

      ・「福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)」(概要版) [PDFファイル/551KB] 

福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)前期実施計画

1.策定の趣旨

 『上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)』の実効性をあげるため,前期5年間の具体的な取組や目標を掲げた『上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)前期実施計画』を策定しました。 

2.計画の概要

 本実施計画は,理想の姿を実現するために年次計画や具体的取組,目標を掲げ,取組項目ごとの進捗状況や達成度を管理していくものです。

3.計画期間

   2017年度(平成29年度)~2021年度(平成33年度)の5年間

4.「福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)前期実施計画」の内容

      ・「福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)前期実施計画」 [PDFファイル/2.91MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)