ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ごみ・環境情報 > ごみ > 家庭ごみ > 家庭から出る医療系ごみの出し方について

家庭から出る医療系ごみの出し方について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月27日更新

ごみを出すときや、収集などの作業中に針刺しなどの危険が生じる可能性があります。次のことに注意して安全な処理にご協力ください。

ごみとして出せるもの

◆燃やせるごみ
・チューブ類
・カテーテル
・ビニール、プラスチック製のバッグ類
・注射器
 ※必ず針を外してください。
・おむつ、ストーマなど※排泄物はトイレに流してください。
・ペン型インスリン注入器、カートリッジ
 ※ペン型インスリン注入器の針は、必ず機器から外し、キャップをして紙パックなどに入れて出してください。

◆不燃(破砕)ごみ
・ガラス製のボトル類
 ※ボトルの中身は空にして出してください。
・血糖値測定器
 ※電池は必ず抜いて出してください。
 ※血糖自己穿刺針は燃やせるごみの収集日に出してください。

ごみとして出せないもの

・注射針
・点滴針
・針の取りはずしができない注射器
 ※処方された医療機関へご相談ください。
1
2

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)