ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ごみ・環境情報 > 環境政策 > 地域新電力事業 > 地域新電力会社による電力の供給について

地域新電力会社による電力の供給について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月24日更新

 福山市は,エネルギーの地産地消による低炭素型まちづくりを推進するため,「持続可能な社会の実現に向けた地域新電力事業に係る包括連携協定」に基づき,2018年(平成30年)12月25日,瀬戸内地方初の官民連携による地域新電力会社「福山未来エナジー株式会社」を設立しました。行政・民間・金融機関の三者が連携し,再生可能エネルギーの地産地消による持続可能な社会の実現に向け,協働で取り組んでいきます。

 「福山未来エナジー株式会社」は,2019年(平成31年)4月1日から電力小売事業を開始し,地域で調達した再生可能エネルギー電力などを,市内をはじめとする公共施設に幅広く供給しています。

会社概要

会社名福山未来エナジー株式会社
本社所在地福山市延広町8番21号
事業内容

・発電および電気の供給に関する事項

・再生可能エネルギーその他のインフラサービスに関する事業及び関連事業体への運営支援

・前各号に関する調査,研究及びコンサルティング業

・前各号に付帯または関連する一切の事業

資本金100,000千円
出資者福山市(10%),JFEエンジニアリング株式会社(85%),広島銀行(5%)
役員代表取締役 長谷場洋之

 福山未来エナジーのスキーム

 福山リサイクル発電株式会社からの再生可能エネルギー電力等を調達し,福山市本庁舎などの公共施設265施設(2019年〔平成31年〕4月1日現在)に対して,約9,300万kWh/年の電力を供給しています。これは,自治体出資の地域新電力会社の中で最大級の供給量となっています。

スキーム図