ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

騒音・振動の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月28日更新

 わたしたちは,工場・事業場,家庭用機器,自動車・鉄道などからの様々な音に接しながら生活しています。人が生活していく環境として,騒々しいのはよいことではありません。そこで,健康で快適な生活をしていくうえで望ましい音の大きさの基準(環境基準)は,一般地域と道路に面する地域及び新幹線鉄道に分けて定められています。

 本市では,騒音問題にかかる地域の特性や環境基準との達成状況,経年変化などをみるために環境騒音の実態調査を行っています。

 また,従来の騒音問題は,工場・事業場及び市街地内での建設工事にかかるものが大部分を占めていましたが,近年,市街化開発による住宅と商業施設の混在や,住宅密集地域の増加等により,近隣騒音が社会問題となっています。

 近隣騒音としては,飲食店等の深夜営業騒音,自動車のエンジン音,ペットの鳴き声や人の話し声等の生活騒音があげられます。

 このように近隣騒音は発生源が無数にあるため,誰もが加害者・被害者になることが考えられます。また,生活のリズムは人によって様々です。昼間・夜間を問わず,近隣の方へ迷惑がかからないか,配慮をする必要があります。

 本市では,これらの騒音を防止するため,関係機関と協力しながら,広島県生活環境の保全等に関する条例による音響機器の規制,指導を行うとともに,市広報紙等を通じ広く市民に協力を呼びかけています。