ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ごみ・環境情報 > 環境保全 > 生物多様性 > 外来ザリガニが特定外来生物に指定されました。

本文

外来ザリガニが特定外来生物に指定されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月27日更新

生態系に大きな影響を及ぼすことから、外来生物法に基づき、外来ザリガニ全種(アメリカザリガニを除く)が特定外来生物に指定されました。飼育、運搬、販売、譲渡、野外に放つ等が規制され、違反すると罰金または懲役を科される場合があります。

○福山には絶滅危惧種であるスイゲンゼニタナゴなど貴重な生き物が生息しています。絶対に川や池に放たないでください。

 

規制対象となる外来ザリガニについて

従来から、ウチダザリガニやケラクス属(ヤビーなど)などの一部の外来ザリガニ類は特定外来生物に指定されていましたが、2020年9月からは、アメリカザリガニを除くその他の外来ザリガニ類(これまでは未判定外来生物に指定され、輸入を制限)についても、全て特定外来生物に指定されました。

外来ザリガニ

【規制対象となるザリガニ(アメリカザリガニを除く全ての外来ザリガニ)】
<販売名>
ミステリークレイフィッシュ、フロリダブルー(フロリダハマー、アレニー)、シュフェルディ、フォーミス、バスキューザ、エノプロスターナム、メキシカンドワーフクレイフィッシュ、ウォチタ、スピクリファー、ドゥプラッチ、ヒルスタス、ラマシー、ペニー、アパラチコーラ、パイギマヌス、カテマコエンシス、マニンギなど

○現在、飼育されている方は規制開始後も許可を受けることで飼い続けることができます。詳細は環境省HPをご確認ください。
https://www.env.go.jp/nature/intro/1law/shiyou/tetsuduki.html

 

 

アメリカザリガニについて

アメリカザリガニは品種改良種を含め規制対象外のため、申請の必要はありません。

アメリカザリガニ

【規制対象とならないザリガニ(アメリカザリガニ)】
<販売名>
レッドザリガニ、オレンジザリガニ、スーパーレッド、ブルーザリガニ、コバルトクラーキー、シザー、ナイトメアゴースト、ホワイトザリガニ、白ザリガニ、ゴールデンキング、ゴースト(ジャパンゴースト)、タイゴースト、サンセットゴーストなど

○アメリカザリガニは生態系に大きな影響を及ぼすことが指摘されており生態系被害防止外来種リストにおいて「緊急対策外来種」に選定されています。

○外来種被害予防三原則(入れない、捨てない、拡げない)を守り、飼育する場合は、野外に放すことなく最後まで責任を持って飼うようにしてください。

環境省HP
https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/gairaizarigani.html

チラシ
https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/gairaizarigani.pdf

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)