ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみ固形燃料工場

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

ごみ固形燃料工場について

1.施設概要

ごみ固形燃料工場では,家庭及び事業所から排出された可燃ごみ(一般廃棄物)を破砕・乾燥・選別・圧縮成形し,

ペレット状の固形燃料(Rdf)にします。

製造工程を経て完成したRdfは,隣接する発電所で処理されて電気エネルギーに変換しています。

ごみ固形燃料工場(概要)
着工2001年12月
稼働2004年4月1日
敷地面積約26,000 平方メートル
延べ床面積 約13,000 平方メートル
処理能力300t/16h
設備系列75t/16h × 4系列

ごみ固形燃料工場

2.ごみ固形燃料(Rdf)とは

ごみ固形燃料のサンプル   Rdfとは、Refuse Derived Fuel(廃棄物から得られる燃料)の略称です。

   Rdfは,可燃ごみを破砕,乾燥,選別,圧縮成形し,ペレット状の固形燃料とした

   ものであり,高熱量(4000kcal)で均一化されること,ダイオキシン類の発生減,

   貯蔵・長距離輸送が可能などの長所があります。

   Rdfの製造後は,隣接する福山リサイクル発電所にコンベヤにより送られます。

 

3.アクセス等

 電話:084-957-4866 (ごみ固形燃料工場事務所) 

 住所:〒721-0956 広島県福山市箕沖町107番地7

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る