ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2019年11月号 > 広報ふくやま2019年11月【特集2】リノベーション
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2019年11月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

福山駅前ににぎわいを! 紹介しますリノベーションまちづくり

これまで3回行われた「リノベーションスクール@福山」の受講生により、伏見町や三之丸町などで遊休不動産を活用し、駅前に新たな魅力やにぎわいを生み出すリノベーションまちづくりが動きはじめています。

問い合わせ
産業振興課(084-928-1038

リノベーションまちづくりとは?

まちににぎわいを取り戻し、エリア全体の価値を高めたいという地権者と事業者、そして両者をつなぐ者の3者が協力しながら、既存の遊休不動産を新しい使い方で積極的に活用し、まちの魅力やにぎわいを生み出す手法です。

地域の魅力を日常で感じられる場所 LittleリトルSetouchiセトウチ

2019年11月open

人や食、ものづくりを通して地元の魅力に出会えるスタートアップスペース。「はじめるを試せるシェアキッチン」「つくるが見えるショップアトリエ」の2テーマで展開します。

場所
伏見町4-22
URL
Little Setouchiのホームページはこちら
Little Setouchi リノベーション前の写真 before
Little Setouchi リノベーション後の写真 after

スクール仲間4人と夢をカタチに

(株)umika代表 谷田恭平さん

普段は東京に勤めていますが、「地域」をテーマに活動の幅を広げる目的でリノベーションスクールに参加しました。「福山の魅力を一緒に生み出したい」おもいをもった仲間との出会いが実事業化を後押ししました。

谷田恭平さんと仲間の写真 左から:中尾圭吾、藤井孝憲、東真貴、谷田恭平、村上真治

伏見町にアートの魅力をプラス ギャラリーフクヤマツイスト

2019年9月open

ジャンル・経歴にとらわれず、アーティストが自らの作品を展示できるギャラリー。「ツイスト」には交わるの意味も。展示やイベントなどでアートを通じた人の交流もめざします。

時間
土曜日・日曜日 11時から19時
場所
伏見町2-22
URL
ギャラリー フクヤマツイストのインスタグラムはこちら
ギャラリー フクヤマツイスト リノベーション前の写真 before
ギャラリー フクヤマツイスト リノベーション後の写真 after

伏見町に文化ストリートを創りたい

代表 竹内康雄さん

私自身、鉄を使った作品を生み出すアーティストですが、若手作家でも自由に作品を発表できる場を創りたいと考え、リノベーションスクールに参加しました。ギャラリーを創りたいという思いにメンバーが協力してくれたおかげで実事業化。将来は伏見町をアートやファッションも楽しめる「文化ストリート」にしていきたいと思います。

竹内康雄さんの写真

あなたも参加しませんか? 2020年2月14日(金曜日)〜16日(日曜日) 第4回リノベーションスクール@福山 受講生募集

どんなことをするの?

受講生が少人数のユニットに分かれ、実在する遊休不動産などを題材として、エリア価値を高めるリノベーションの事業プランを練り上げます。スクール後はそれぞれの提案を基にブラッシュアップを重ねて事業化をめざします。

事業化までの流れ

募集要項

時間
2月14日(金曜日)から16日(日曜日)
場所
フロリダホール(元町13-18)
対象
リノベーションまちづくりに興味があり、自ら実践者となって遊休不動産を活用した地域再生に取り組みたい人※スクール全日程に参加できる人
定員
32人(1ユニット8人、4ユニット)
料金
1万5,000円(現地までの交通費、宿泊費、当日の飲食費などは受講生の負担)
申込
1月10日(金曜日)までに、専用ホームページの申し込みフォームから