ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2020年10月号 > 広報ふくやま2020年10月特集1「インフルエンザは流行前に早期の予防接種を」
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2020年10月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:200936印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月1日更新

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

インフルエンザは流行前に早期の予防接種を

新型コロナウイルス感染症は、全国的に感染が広がり、本市でも多くの患者が発生しています。
これからのインフルエンザの流行期を踏まえ、新型コロナウイルス感染症の状況やインフルエンザ予防接種の重要性などを、福山市医師会会長の児玉雅治先生に聞きました。

問い合わせ
保健所総務課(084-928-1164
id
200936
注射器の画像

新型コロナウイルス感染症の状況は

3~4月は病気の情報が乏しくて毎日の診療が難しく、非常に厳しい状況でした。市内6床の感染症病床はすぐに満床となり、通常の病床を閉鎖して新型コロナウイルス感染症患者の対応を行う病床を拡張せざるを得ない状況でした。現在は感染症病床を47床に増やし、マスクや手指消毒薬などの医療資材の確保にも努めながら、市民の皆さんが安心して受診できるよう医療体制の整備を進めています。

感染防止に向け大切なことは

マスクの着用、手洗い、手指消毒の徹底、密閉・密集・密接の「3密」を避けることが大切です。また必要がない場合は感染流行地域に行かないようお願いします。市が作成した「福山市新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(家庭編)概要版」(広報「ふくやま」臨時号(7月18日発行)に掲載)なども参考にしてください。

インフルエンザとの同時流行は

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザは、発熱や頭痛、倦怠感といった症状が共通しており、見分けが非常に難しいです。インフルエンザの死亡者数は年間約1万人ともいわれ、同時流行を懸念しています。重症患者が増えれば、医療機関の混乱や医療崩壊を起こす危険性が高くなります。そのため、厚生労働省においてインフルエンザの流行に備えた外来・検査体制の整備が進められています。

同時流行を防ぐためにも、早めにインフルエンザの予防接種をお願いします。

予防接種はいつ受ければ

予防接種の効果は接種後の約2週間後から始まり、約5カ月は続くとされています。インフルエンザの流行は12月頃からで例年12月は予防接種の希望者が多いため、遅くとも11月中には受けた方がいいです。併せて、高齢者の肺炎球菌や子どもの各種予防接種も忘れずに接種をお願いします。

受診を控える人が増えていますが

コロナ禍で受診や健診を控える人が多く見受けられます。これでは、かえって病気の進行を早めるばかりか病気の早期発見・早期治療にはつながりません。市と一緒に「コロナに打ち勝つ!健康増進ふくやま6か条」(広報9月号に掲載)を作成しました。健診を受け、禁煙はもとより栄養・睡眠をしっかりとって6カ条を参考に健康づくりを行いましょう。

受診するときの注意点は

福山市医師会では「発熱やかぜ症状がある場合のフローチャート」を作成したので参考にしてください。「急な息苦しさ」や「急な胸の痛み」などの症状がある場合や、感染を疑う場合、発熱などが3日以上続く場合で作成しています。迷ったら早めに電話でかかりつけ医に連絡をして受診をお願いします。医療機関によってはオンラインでも診療が可能です。なお福山市医師会では「かぜ・発熱オンライン外来」を開設しています。
福山市医師会ホームページからも予約できます(084-959-5106)。
特に、高齢者や妊婦、基礎疾患がある人は早めの相談をお願いします。

最後に一言

新型コロナウイルス感染症は、今後、法令などにより、その対応は変わってくるといわれています。しかし、基本的な感染防止対策が変わることはありません。この難局を乗り切るためには、医療者、行政、市民の連携が何より重要です。医療者は市民の皆さんの健康を全力で守ります。皆さんもご協力をお願いします。

福山市医師会会長の先生の写真

発熱やかぜ症状がある場合のフローチャート。急な息苦しさ、急な胸の痛み、顔色が悪い、唇が紫、意識がはっきりしない、のうちいずれかの症状がある場合は救急要請(119番通報)を

幼児・高齢者などを対象としたインフルエンザ予防接種費用の補助

今年度は補助額2倍 対象は中学生まで
幼児等インフルエンザ予防接種費補助

インフルエンザ予防接種費の一部(1回につき1,600円まで。1人につき期間中2回まで、中学生は1回まで)を補助します。

日時
来年1月31日(日曜日)まで
対象
本市に住民票がある満1歳から中学3年生※補助金の申請者は対象者の保護者
  • 受給方法…本市と契約をしている医療機関で接種した場合は、医療機関での支払いは補助金額(1,600円)を差し引いた額を支払う。それ以外の医療機関で接種した場合は、次の払い戻しの申請が必要
  • 申請方法…全額自己負担で支払った後、来年2月26日(金曜日)(郵送の場合は2月28日(日曜日)(消印有効))までに、所定の申請書と予防接種の領収書原本、振込先預金通帳の写し、印鑑を、保健予防課へ
  • 申請書配布場所…保健予防課、松永・北部・東部・神辺保健福祉課、
    沼隈支所保健福祉担当 ※こちらからもダウンロード可
問い合わせ
保健予防課(084-928-1127
id
197767

年末年始の「密」になる前に
高齢者インフルエンザ予防接種費補助

日時
来年1月31日(日曜日)まで
場所
市内の実施協力医療機関※市外・県外で受ける場合は接種券または依頼書が必要
対象
本市に住民票がある次のいずれかに該当する人
  • 65歳以上の人
  • 60歳以上64歳以下の人で、心臓・じん蔵・呼吸器の機能に障がいを有する人、または
    ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいを有する人
補助金額
1,600円

個人負担金の免除

次のいずれかに該当する人は個人負担金が免除されます。それぞれ書類が必要になるので予防接種時に提示してください。※接種後の提示では免除不可

  • 6市民税非課税世帯の世帯員…後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証、介護保険料決定通知書または特別徴収額決定通知書(所得段階が1〜3段階に限る)、証明書(高齢者予防接種用)のいずれか一つ
  • 中国残留邦人等の支援給付受給者…写真付きの本人確認証
  • 生活保護受給者…休日・夜間等受診票
問い合わせ
保健予防課(084-928-1127)、松永・北部・東部・神辺保健福祉課、沼隈支所保健福祉担当
id
160880

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

出生児特別定額給付金

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として実施された「特別定額給付金」の基準日(4月27日)後に生まれた子どもに対して本市独自の給付金を支給します。対象となる子どもがいる家庭には順次10月初旬から申請書を送付します。 ※詳しくはこちらに掲載

  • 対象児童…4月28日~2021年4月1日に生まれた子ども※出生日から申請日まで継続して福山市民であること
  • 受給者(申請者)…対象児童を同世帯で養育する保護者※4月27日から申請日まで継続して福山市民であること
  • 給付額…10万円/人
  • 支給日…10月以降順次
問い合わせ
ネウボラ推進課(084-928-1053
id
198219

海外渡航者へのPCR検査について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、複数の国が渡航前のPCR検査(遺伝子検査)の実施と結果を証する書類の提出を入国者に求めていることから、市民病院でも対象者にPCR検査を実施し、診断書を発行しています。検査は完全予約制です。 ※詳しくはこちらに掲載

日時
月曜日から木曜日8時30分から9時(休診日と休診日の前日を除く)
対象
ビジネス目的の海外渡航者、海外への帰国者
費用
3万1,350円(内訳: PCR検査料2万5,850円、特別診断書料5,500円)
問い合わせ
市民病院医事課(084-941-5151
id
198523

新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(職場編) eラーニング(講習)

「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(職場編)」の理解を深め、より効果的な対策が実施できるようにインターネットを用いたeラーニング(講習)を実施しているので受講してください。eラーニングを修了すると「修了証」がダウンロードできます。「修了証」を店頭などの見える場所に掲示し、積極的に活用してください。

受講方法

市ホームぺージの「専用ログインページ」から随時受講できます(所要時間約1時間)。
※詳しくはこちらに掲載

対象
市内の事業所や職場の管理者、職員の健康管理を行う人など
費用
無料
問い合わせ
保健所総務課(084-928-1164
id
198374
eラーニング「専用ログインページ」
eラーニング修了証のサンプル写真

新型コロナウイルス感染症対策(9月補正予算)

新しく9月の定例市議会で可決した補正予算の内容を紹介します。

出生児特別定額給付金事業費…3億3,430万円

※詳しくは上記に掲載

問い合わせ
ネウボラ推進課(084-928-1053

キャッシュレス決済による消費喚起策…4億2,000万円

新しい生活様式を踏まえたキャッシュレスで決済を行った場合に、お得な還元を受けることができる消費喚起策を実施します。年末年始には9月に実施した「集まれ福山グルメ!もぐもぐキャンペーン」を拡大して小売りやサービスも対象としたキャンペーンを予定しています。
※対象店舗やキャンペーン期間、キャッシュレス決済手段など詳細は、今後決定次第公表します

問い合わせ
経済総務課(084-928-1215

スマートフォンのイラスト