ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保育所(園)とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月17日更新

保育所とは

福山市内には,公立保育所,私立の保育所(園)・認定こども園・地域型保育事業がありますが,いずれも市の定める基準を満たして運営されており,原則としてその保育内容に違いはありません。このページでは,これらを総称して「保育所等」と表記しています。
保育所等は,保護者の日々の就労や病気などのため,家庭で保育できない児童を保護者に代わって保育し,すこやかな心身の発達を図ることを目的としています。また,保護者の様々なニーズに応えるため,いろいろな保育サービスを実施しています。

入所できる児童について

1 保護者が福山市に居住している世帯の児童であること。

2 保護者のいずれもが次の表の認定要件に該当すること。

認定要件

認 定 要 件 内 容 説 明

 

就労

 

居宅外

保護者が居宅外で働いているとき(市長が認める時間以上の就労が認められる場合)。

居宅内

保護者が児童と離れて日常の家事以外の仕事を居宅内でしているとき(市長が認める時間以上の就労が認められる場合)。

産前・産後

母親が妊娠中又は出産後間がないとき。

病気・障がいなど

保護者が病気などの状態にあるか,又は障がいがあるとき。

病人などの介護

家族に病気又は障がいがあるため,保護者が長期にわたりその介護をしているとき。

家庭などの災害

震災,風水害,火災その他の災害の復旧に当たっているとき。

求職活動

求職活動を継続的に行っているとき。

就学・職業訓練

専修学校,各種学校に在学又は職業訓練を受けているとき。

虐待・DVのおそれ

社会的養護を必要とするとき。

その他

市長が認める前各号に類する状態にあるとき。

※市長が認める就労の下限時間は48時間/月です。

3 保育所等に入所できるのは,医療行為の必要がなく,集団保育が可能な児童です。

入所申込みについて

2016年度中の入所申込み

保育所一覧

2016年度
その他

保育料について

病児・病後児保育事業

 児童が病気の状態(回復期含む。)で,集団保育等が困難な時期に,医療機関に付設された保育室で一時的にお預かりする事業です。

その他の保育サービス

 延長保育・一時保育・休日保育等の事業を実施しております(実施事業は各保育所等で異なります。)。
※私立保育所等は,利用日数・利用料などが異なりますので利用する保育所等にお問合せください。

ふくやま子育て応援センター

 子育て支援の拠点となる施設です。子育て全般について気軽に相談できます。
  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る