ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市教育委員会 > 教育委員会について > 教育長学校訪問記 > 教育長学校訪問記〈番外編〉 金教育委員  7月13日(木曜日)

教育長学校訪問記〈番外編〉 金教育委員  7月13日(木曜日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月17日更新

 訪問記


 
井原市民病院(1)
7月13日(木)9時30分 
井原市立井原市民病院玄関ホール。
当院で参与をされている,
金仁洙福山市教育委員を
訪ねて来ました。
後で登場いただく野崎事務部長の
出迎えをいただき,
恐縮いたしました。
グランドピアノ♪ 
たくさんの絵画♥
総合案内(2)
総合案内
参与室(3)
参与室の机にて,
白衣の金参与です。
週1回,病院内を
ぐる~りと見て回られ,
外部の目線で見られた
気付きを助言されたり,
経営会議をはじめ
様々な会議へ出席されている
とのことです。
我が教育委員会でも,
率直で貴重な意見を
いただいています。
参与室にも何枚も
絵が掛けてあります。
院長(4)
お忙しい時間の中にも関わらず,
合地明院長(左)がご挨拶下さり,
しばらくお話を伺いました。
そのお人柄から,
「チーム医療の推進」をスローガンに,
身近で愛される病院をめざされていることが,
よく分かりました。
ありがとうございました。
3ショット(5)
合地院長の
”写真を撮りましょう”の一言から,
緊張の1枚です。
猫(6)
これは,猫です。
長年お勤めされた
福山市民病院を
退任される時,
プレゼントされた
記念すべき”猫”です。
猫2(7)
これも,猫です。
この猫の作者について
お聞きしたのですが,
記憶が??? 
すみません。
紹介(8)
ご紹介が遅くなりました。
金参与の右が池田副院長・看護部長,
左が出迎えいただいた野崎事務部長です。
この後,お忙しいにも関わらず,
病院内を案内していただきました。
案内(9)
廊下にもたくさんの絵が
掛けてあります。

池田副院長が
「金参与が来られて,
これまで当たり前だと思っていたこと
一つ一つが,大きく変わった。
Before→Afterを写真に
撮っておけば良かった。」
とおっしゃっていました。
案内2(10)
金参与
「気持ちを変えることは難しいので,
まず形を変える。変革の第1歩! 
かつては,至る所に貼ってあった
掲示物を掲示板にまとめて掲示。
押しピン,セロテープは使わず,
マグネットで。
そのため,掲示板をマグネットボードに
取り替えてもらった。
学校訪問して,押しピンを
使っているのに驚いた。
危ないでしょう。」と。
押しピンについては,
以前聞いたことがあり,
目の当たりにして,
改めて考えさせられるとともに,
経営について学びました。
案内3(11)
廊下と談話室?を分ける
オレンジの6本の仕切り。
柱(壁)の白色部分は
マグネットボード。
ここに整理して掲示。
案内4(12)
明るい清潔感一杯の
内部。
椅子やテーブルを
整理・整列させ,
ここにも大きな絵。
案内5(13)
写真右の窓に向かって
並ぶ椅子。
座って外を眺めていると,
とても落ち着く
いい場所でした。
かつてここが
物置となっていたと
野崎事務部長から聞き,
驚きました。
案内6(14)
私が1番好きな
「テントのある風景」と題された絵です。
理由は,
何時でも何処でもすぐ寝る私ですが,
このテントの下で,昼寝をしたら,
気持ち良さそうと思ったからです。
ひと時,
絵に囲まれた空間にいたからでしょうか,
とても穏やかでいい気分です。
このままこのテントの下で眠ったら,最高!
再びロビー(15)
ぐる〜っと病院内を案内いただき,
1階ロビーに到着! 
池田副院長,野崎事務部長,
長時間に渡りご案内いただき,
ありがとうございました。
何を思われる金参与? 
最後になりましたが,
絵画のお話を紹介してお礼に
代えさせていただきます。

〈病院内各所に
郷土の洋画家作品を展示〉 

金参与の福山市民病院での
取り組みを参考に,病院は
「患者さんやご家族の
癒しの空間」との発案で,
井原出身の洋画家倉橋英雄氏,
森昌俊氏のご家族,三宅興太郎氏の
ご本人のご理解により,
大切な作品をご寄贈・ご寄託
いただきました。
御三人の57作品を,
平成27年12月1日から,
外来待ち受けロビーや各階の廊下,
病棟の談話室等に展示しております。
来院される方々にとって
癒しの一助となるよう努めたいと
思っております。 

「井原市民病院だより」
No.32 2016年2月発行より抜粋